Class1とClass2 TEDSセンサの違い

更新しました Oct 5, 2019

使用製品

その他

TEDSセンサ

問題

Class I(Class 1)TEDSセンサとClass II(Class 2)TEDSセンサの違いは何ですか?

解決策

Class 1 TEDSセンサ

Class 1センサでは、デジタル信号は同じライン上のアナログ信号と共有され、センサのバイアスに基づいて多重化されます。センサには、TEDS EEPROMと、バイアス方向に基づいて切り替えるための回路が含まれています。これは通常、抵抗とダイオードのみで構成されています。


 

 

 

Class 2 TEDSセンサ

Class 2センサでは、TEDS EEPROMとアナログ信号は独立したラインを使用してデータを転送します。デジタルTEDS信号とアナログ測定はラインが分離されていて別々に送信されるため、切り替えは不要です。


 

追加情報

TEDSセンサの対応性に関しては以下のとおりです。ただし、以下のリストは、最新ではない可能性があります。常に仕様を参照して、デバイスがTEDSをサポートしているかどうかを判断してください。
 

  • Class I (Class 1) TEDSに対応するモジュール:
    NI 9218(LEMOおよびDSUBコネクタタイプ)、NI 9230、NI 9232、NI 9233、NI 9234、BNC-2096、NI 446x、およびNI 449xボード(NI 4495を除く)
     
  • Class II (Class 2) TEDSに対応するモジュール:
    NI 9218(LEMOコネクタタイプのみ)、NI 9219、NI 9237、SCXI-1314TおよびSC-2350

この記事はお役に立ちましたか?

いいえ