エラー -200452: 特定のDAQmxプロパティを使用するとエラーが発生する

更新しました Nov 22, 2019

使用製品

Driver

  • NI-DAQmx

問題

AO.IdleOutputBehaviorまたはStart.RetriggerableなどのさまざまなDAQmxプロパティノードを使用してプロパティを構成しようとしていますが、エラー-200452が発生します。


エラーコード-200452がプロパティノードDAQmx Channelで発生

考えられる理由:
指定されたプロパティがデバイスによってサポートされていないか、このタスクには適用できません。


 


トリガ動作を設定したり、待機時の出力動作などの他のプロパティを設定するにはどうすればよいですか?

解決策

DAQmxプロパティノードのさまざまなプロパティは、デバイス特有です。つまり、すべてのプロパティがすべてのDAQデバイスでサポートされているわけではありません。たとえば、AO.IdleOutputBehaviorプロパティは、NI 6251やNI 6040Eではサポートされていないため、これらのデバイスに対してこのプロパティが呼び出されるとエラー-200452が返されます。
 

特定のDAQデバイスでサポートされているプロパティのみを表示させたい場合には、プロパティノードのフィルタ設定を構成する必要があります。そのためには、DAQmxチャンネルプロパティを右クリックし、フィルタを選択...を選択してフィルタ設定の構成ウィンドウを開き、デバイスでサポートされていないプロパティをリストから除外します。


 

追加情報

デバイスがエラーが発生するプロパティノードをサポートしている場合、タスク/チャンネルの構成とプロパティの非互換性が原因でエラー-200452が発生する可能性があるため、タスク/チャンネル構成と選択したプロパティノードがタイミングとトリガに関してどのように構成されているかを考慮する必要があります。
 

デバイスがコンピュータにインストールされていない場合、特定のプロパティがデバイスでサポートされているかどうかを判断する簡単な方法の1つは、Measurement&Automation Explorer(MAX)でデバイスをシミュレートすることです。これを行うには、MAXでデバイスとインタフェースを右クリックして、新規作成...を選択します。新規作成ウィンドウでNI-DAQmxシミュレーションデバイスまたはモジュール式計測器シミュレーションデバイスを選択し、プロパティノードのフィルタ設定で選択したデバイスの属性を表示に設定します。探しているプロパティがデバイスでサポートされている場合、デバイスを参照する特定のプロパティノードのオプションの1つとして表示されます。
 

このエラーは、問題のDAQデバイスが使用されている同期のタイプをサポートしていないアプリケーションでも発生します。 既存システムにDAQデバイスを最近追加または交換した場合、使用されている同期をサポートしていることを確認してください。

この記事はお役に立ちましたか?

いいえ