SCB-68端子台でローパスフィルタを追加する

更新しました Jul 13, 2019

使用製品

Hardware

  • SCB-68
  • DAQ Signal Accessory

問題

SCB-68端子台を使用してRCローパスフィルタをDAQデバイスのアナログ入力チャンネルに接続するにはどうすればよいですか?


解決策

SCB-68には、はんだパッドがあり、アナログ入力チャンネル用のRCローパスフィルタ回路を構築できます。アナログ入力信号調節に使用されるSCB-68はんだ付けパッドの位置については、SCB-68 User Guideを参照してください。RCローパスフィルタ回路を構築するには、以下の手順を実行します。


 

シングルエンド信号用ローパスフィルタ:

  1. 抵抗器をチャンネルCH(i)の位置Rx(F)、またはチャンネルCH(i+8)の位置Rx(G)に接続します。
  2. コンデンサをチャンネルCH(i)の場合はRCx(B)、チャンネルCH(i+8)の場合はRCx(D)に接続します。
  3. 入力信号(+)を端子台の適切なチャンネルに接続し、信号(-)をAI GNDに接続します。
 

 

 

差動信号用ローパスフィルタ:

  1. 抵抗器を位置Rx(F)に接続します。
  2. コンデンサを位置RCx(E)に接続します。
  3. Rx(G)間を短絡するように接続します。
  4. 入力信号(+)と信号(-)を端子台のCH(i)とCH(i+8)の位置に接続します。

 

デバイスのピン配列については、SCB-68 User Manual for Advanced Functions、およびハードウェアのマニュアルを参照してください。

追加情報

フィルタ処理は、計装アンプの整定時間を使用するフィルタの時定数に増加させます。計装アンプの整定時間は10T以上に増加する可能性があるため、チャンネルをスキャンする際にRCフィルタを追加すると実際のスキャンレートが大幅に低下します。ここで、時定数Tは、T = R×C です。シングルエンド入力または差動入力でRCフィルタを使用できます。

この記事はお役に立ちましたか?

いいえ