LabVIEWで複数の配列を連結する

更新しました Dec 7, 2018

使用製品

Software

  • LabVIEW Base
  • LabVIEW Full
  • LabVIEW Professional

問題

LabVIEWで複数の異なる配列を結合または連結する必要があります。配列の中には次元が異なるものがあります。

解決策

複数の配列を連結する1つの方法は、配列連結追加関数を使用することです。この関数は、2つのモードで動作します。デフォルトモードであるn次元配列に要素を追加するか、複数の配列を連結します。
配列連結追加関数は、ショートカットメニューから入力を連結を選択すると、連結モードとして機能します。ショートカットメニューにアクセスするには、VIを右クリックします。



下図は、入力を連結設定の前と後に配列連結追加関数からの出力の違いを示しています。下記にある1つ目の画像はコードを示し、2番目の画像はフロントパネルで対応する結果を示しています。

 



多次元配列を1次元配列に変換する必要がある場合は、すべての要素の合計を次元サイズの入力として使用する配列次元変更関数を使用する必要があります。

複数の配列からカスタムの1次元配列を構築する別の方法は、配列要素挿入関数を使用することです。配列をこの関数に配線すると、関数は自動的にサイズ変更されて、配列に対する各次元の指標入力が表示されます。指標入力を配線しない場合、関数は新しい要素またはサブ配列をn次元配列の末尾に追加します。

追加情報

配列連結追加関数は、入力に応じて転置配列を出力することができます。 必要に応じて、2D配列転置関数を使用して配列要素を再配置することができます。

この記事はお役に立ちましたか?

いいえ