Measurement&Automation Explorer(NI MAX)のデータベース接続エラー

更新しました Nov 17, 2018

使用製品

Software

  • Measurement and Automation Explorer (MAX)

問題

NI MAXを起動したとき、またはデバイスとソフトウェアを表示しようとしたときに、MAXデータベース接続エラーが発生しました。

MAXデータベース接続エラー:
データベースに接続する際に問題が発生しました。
問題が解決しない場合は、コンピュータを再起動してナショナルインスツルメンツにお問い合わせください。
 

解決策

このエラーには、以下にリストされたようなさまざまな原因が考えられます。
  • ファイアウォール設定
適切な機能を実現するには、ブロックされたプログラムリストからMAXと他のすべてのNIアプリケーションを削除する必要があります。一般的にブロックされているNIプログラムは、NIMax.exe、nimxs.exeNiAsstnt.exenipalsm.exenidevmon.exeです。このシンプルなソリューションは、NIソフトウェアをアンインストールする前に、MAXでデータベース接続の問題が発生した場合に最初に行うオプションの1つです。

NOD32アンチウィルスソフトウェアは、MAXがデータベースに使用するHTTPポートをブロックしている可能性があります。詳細は、Why Do I Get "MAX Database Connection Error" When Using NOD32 Anti-Virus Software?を参照してください。
 
  • NI Configuration ManagerまたはNI Device Loader(nidevldu)サービスが開始されていない
NI Configuration Managerサービスが開始し動作しているかどうかを確認するには、コントロール パネル>>管理ツール>>サービスを選択します。NI Configuration Managerまでスクロールします(nidevlduとして表示されることがあります)。また、スタート>>名前を指定して実行を選択してservices.mscを入力し、サービスを起動することもできます。

NI Configuration Managerサービスがリストに表示されない場合、または問題が発生している場合は、まずMAXの修復を試みます。これを行うには、Uninstall or Repair National Instruments Software or Drivers in Windowsを参照してください。

サービスのステータスが開始されていることを確認します。表示されていない場合は、右クリックして開始を選択します。また、NI Device Loaderサービスを再起動してみてください。これらの変更を有効にするには、管理ツールを終了し、MAXを再起動してください。これまでにNI Configuration Managerまたはnidevlduサービスが開始されていない場合、MAXは正しく動作するはずです。
 
  • ENETデバイスの未接続
以前にシリアルデバイスまたはGPIB-ENETデバイスを設定していたが、このデバイスが接続されていない場合、サーバが存在していないデバイスへの接続をタイムアウトするまで試行するために、若干の遅延が発生します。この遅延時間が原因で、MAXがデータベース接続エラーを通知する可能性があります。この場合、システムにENETデバイスを再接続するか、ENETデバイスへのリファレンスを削除することによりこのエラーは解消されます。MacとPCを切り替える場合には、アクセス可能にするためにデバイスをリセットする必要があります。
 
  • データベース破損
このエラーはMAXデータベースが破損した際にも発生します。MAXデータベースの破損を修復するには、How to Fix or Reset the NI MAX Database Fileを参照してください。
 
  • PCI-7041用ドライバの組み合わせ
以下の組み合わせでソフトウェアがインストールされている場合、PCI-7041 (RT Plug-In Board) Driver May Hang System if Combination of Drivers is Installedを参照してください。
 
  • NI-VISA 4.x
  • PXI Platform Services 2.3
  • PCI-7041 RTプラグインボードドライバ (2005年11月以前のドライバCDを使用)
  • NI-VXI
  • 従来型NI-DAQ (レガシー) 7.x

追加情報

MAXは、フロントエンドGUI(nimax.exe)とバックエンドデータベースサービス(nimxs.exe)に分かれています。このエラーは、これらのフロントエンドとバックエンドが互いに通信する方法に関連しています。 MAX 4.1はこの通信をTCPソケット経由で実行しました。それ以降のMAXバージョンでは、この通信は共有メモリを介して実行されています。他のNIサービスも通信にTCPを使用している場合があり、この問題がファイアウォールによって発生している可能性があります。

このTCP通信のため、McAfee Personal FirewallやSymantec Client Firewallなど多くのファイアウォールおよびインターネットセキュリティプログラムは、MAXをブロックされたプログラムリストに入れ、データベースへの接続を妨げます。通常、ファイアウォールを無効にしただけでは、MAXの通信はブロックされたままです。

この記事はお役に立ちましたか?

いいえ