LabVIEWフロントパネルを全画面表示する

更新しました Nov 27, 2018

使用製品

Software

  • LabVIEW

Operating System

  • Windows

問題

プログラムを実行すると、画面全体を占めるフロントパネルにしたいです。WindowsのタスクバーやLabVIEWのメニューを表示したくありません。これを行うにはどうすれば良いですか?

解決策

この操作は、手動またはプログラム的に行うことができます。
 

手動でVIプロパティを構成する

VIを常に全画面モードで実行し、LabVIEW環境のメニューまたはツールバーを表示しないように設定するには、次の手順を行います。
  1. ファイル>>VIプロパティに進みます。
  2. ドロップダウンメニューからウィンドウの外観を選択します。
  3. カスタマイズ...をクリックして、下記の項目のチェックを外します。
    • タイトルバーのあるウィンドウ
    • メニューバーを表示
    • 垂直スクロールバーを表示
    • 水平スクロールバーを表示
    • 実行中にツールバーを表示
    • ウィンドウのサイズ変更をユーザに許可
  4. OKをクリックします。
  5. ドロップダウンメニューからウィンドウランタイム位置を選択します。
  6. 位置ドロップダウンメニューから最大化を選択します。


メモ: これらの手順は、Windowsタスクバーを非表示にしません
メモ: メニューバーの実行を中断ボタンは表示されなくなるため、VIが連続実行されることがあります。実行を停止するには、キーボードショートカット<Ctrl-.(ピリオド)>を使用できますが、適切に実装された停止ボタンを使用することが常に推奨されます。


 

Windowsタスクバーを自動的に隠す

Windowsタスクバーには、自動的に隠すオプションがあります(Windowsタスクバーを右クリックしてプロパティを選択することで設定可能)。再表示させるには、マウスをタスクバーが本来ある位置(画面の下部にあることが多い)に移動します。

フルスクリーンVIを実行すると、タスクバーは使用できなくなり、タスクバーの位置にマウスを動かすまで表示されなくなります。

フロントパネルが画面全体を占有し、タスクバーは占有しないようにするには、自動的に隠す機能を無効にします。この機能が無効の場合、LabVIEWはタスクバーを対象としません。

 

プログラム的にVIプロパティを構成する

フロントパネルのサイズをプログラム的に変更するには、次の手順を行います。

  1. 関数パレットで、プログラミング>>アプリケーション制御>>VIサーバリファレンスを選択して、ブロックダイアグラムにVIサーバリファレンスを配置します。
  2. 出力端子を右クリックし、作成>>VIクラスのプロパティ>>フロントパネルウィンドウ>>ウィンドウの境界を選択します。
  1. FP.PanelBoundsプロパティを右クリックして、書き込みに変更を選択します。
  2. FP.PanelBoundsプロパティは、4つの要素からなるクラスターを受け入れます。 クラスタを作成するには、FP.PanelBoundsを右クリックし、作成>>定数を選択します。 クラスタ上の要素はそれぞれLeft、Top、Right、Bottomであり、モニタ上のピクセル位置に対応します。
    1. BottomRightの値は、モニタの解像度に応じて設定する必要があります。たとえば、解像度が1024x768の場合、Bottom値は768、Right値は1024になります。
    2. TopLeftの値を0に設定します。
  3. リファレンスを閉じる関数を使用してVIリファレンスを閉じます。


メモ: この方法は、Windowsのタスクバーを対象とします。
メモ: この方法を使用して複数のモニタを対象とするには、それらの解像度を合わせてに追加することができます。2台の1024x768モニタの場合、Bottom値は1536、Right値は2048に設定します。フロントパネルが複数のモニタにまたがるように設定されている場合、Windowsタスクバーは約0.5秒間表示され、その後は消えます。

この記事はお役に立ちましたか?

いいえ