NI cDAQシャーシで内部カウンタが見つからないのはなぜですか?

更新しました Oct 25, 2019

使用製品

Hardware

  • CompactDAQ Chassis

Driver

  • NI-DAQmx

問題

CompactDAQ(cDAQ)シャーシの仕様では、他のデータ収集タスクのクロックと同期に使用できるオンボードカウンタが2つ(NI 9172)または4つ(NI 9171/9174/9178/9181/9188/9191)あることが記載されています。ただし、カウンタ物理チャンネル制御のドロップダウンメニューからこれらのカウンタを選択しようとすると、cDAQシャーシ用のカウンタがリストされません。カウンタにアクセスして、相関デジタルI/Oなど他のDAQタスクのタイミング信号として使用するにはどうすればよいですか?

解決策

シャーシのカウンタに外部からアクセスするには、cDAQシャーシにハードウェアタイミングのデジタルI / Oをプラグインできるモジュールが必要です。cDAQシャーシカウンタにアクセスするために使用できるモジュールの詳細については、cDAQ Module Support for Accessing On-board Countersを参照してください。NI 9172では、カウンタにアクセスするにはこのモジュールがスロット5または6にある必要があります。新しいcDAQシャーシ(NI 9171/9174/9178/9181/9188/9191)の場合、モジュールはどのスロットにも挿入できます。
 

そのようなモジュールがシャーシに挿入されていなくても、内部カウンタを設定し、シャーシバックプレーンを介して他のモジュールからアクセスできます。
 

デフォルトでは、DAQmx物理チャンネル制御ドロップダウンメニューには内部チャンネルがリストされません。 非表示のチャネルを表示するには、I/O名フィルタ設定を次のように変更します。
 

  1. DAQmx物理チャンネル制御器を右クリックします。
  2. I/O名フィルタ設定...を選択します。

     
  3. フィルタ名ダイアログが表示されたら、内部チャンネルチェックボックスにチェックを入れます。

     
  4. OKをクリックします。


DAQmx物理チャンネル制御器を構成すると、使用しているシャーシにより2つもしくは4つの新しいカウンタがドロップダウンメニューに表示されます。cDAQ-9172の場合、チャンネルには_ctr0および_ctr1がリストされます。そのほかのcDAQシャーシはさらに_ctr2と_ctr3もリストされます。これらの_ctrXチャンネルは、内部カウンタであり、その他のデータ収集タスク用にサンプルクロックを生成するために使用されます。
 

追加情報

コミュニティのサンプルプログラムであるCDAQ-9178 Count Digital Events Without Digital Moduleは、モジュールなしで内部カウンタにアクセスして外部デジタル信号をカウントする方法を示しています。オンボードカウンタラインは、シャーシのPFIラインへ内部的に経路設定しています。

この記事はお役に立ちましたか?

いいえ