プログラム的に実行プログラムのフロントパネルを閉じる

更新しました Nov 21, 2018

使用製品

Software

  • LabVIEW Application Builder Module
  • LabVIEW

問題

LabVIEWアプリケーションビルダでビルドされた実行ファイルがあり、実行が終了したらアプリケーションを終了したいです。VIセットアップ>>実行オプション呼び出されたらプロントパネルを表示元々閉じていたら実行後に閉じるオプションを夕刻にして試しましたが、効果はありませんでした。アプリケーションの実行が終了したら、アプリケーションを終了させるにはどうすればよいですか?

解決策

VIセットアップオプションにある呼び出されたらプロントパネルを表示元々閉じていたら実行後に閉じるオプションは、VIがメインVIとしてではなく、サブVIとして呼び出されたときにのみ影響を与えます。 実行ファイルにVIをビルドする場合も同様です。

VIのフロントパネルを閉じるには、次の手順を行い、プログラムの任意ポイントでClose FPメソッドを使用します。
  1. ブロックダイアグラムでVIリファレンスを開く関数を配置します。この関数は、関数パレットのプログラミング>>アプリケーション制御>>VIリファレンスを開くに進むと見つかります。
  2. VIパス入力を右クリックし、作成>>定数に移動します。このVIの名前を定数に入力します。
  3. プログラムのブロックダイアグラムで、フロントパネルを閉じる場所にインボーグノードを配置します。この関数は、関数パレットでプログラミング>>アプリケーション制御>>インボーグノードに進むと見つかります。
  4. VIリファレンスを開く関数の出力をインボーグノードに配線します。
  5. インボーグノードをクリックして、フロントパネル>>閉じるを選択します。
  6. VIを実行します。プログラムがインボーグノードに到達すると、VIは終了します。これは、VIが実行ファイルとして構築されている場合でも同じように動作します。

次の例は、フロントパネルを閉じるトリガとなる上記の手順を実装したものです。以下の添付ファイルのtestclose.exeアプリケーションは、この動作を実行ファイル形式です。

追加情報

LabVIEW 7.0より前のバージョンでは、LabVIEW終了関数を使用して、プログラムのフロントパネルをプログラム的に閉じる必要があります。この関数は、関数パレットのアプリケーション制御サブパレットにあります。このアプローチの欠点は、この関数が呼び出された時点で開いているすべてのLabVIEW実行ファイルが閉じることです。

この記事はお役に立ちましたか?

いいえ