エラー -61499: LabVIEW FPGAモジュールで内部ソフトウェアエラーが発生する

更新しました May 11, 2020

使用製品

ハードウェア

  • PXI FPGA Module for FlexRIO

ソフトウェア

  • LabVIEW FPGA Module

ドライバ

  • FlexRIO
  • NI-RIO

問題

  • コンパイル時またはVIの編集中にFPGA VIでエラー-61499が発生します。

    エラー -61499
    LabVIEW FPGA: LabVIEW FPGAモジュールで内部ソフトウェアエラーが発生しました。


     
  • FPGA VIの編集中にエラー-61499が発生します。エラーは特定のFPGAノードで発生します。たとえば、Open FPGA VI Reference VIをパレットから配置するとエラーが発生します。

     
  • RIOのスタートアッププロジェクトで「Additional Information: Unsupported or incorrectly typed FPGA Device Family. Use lower case letters only」という追加のメッセージが添付される場合があります。

解決策

このエラーを解決するには、次の推奨事項を試します。
 

  • コンパイルソフトウェアに互換性のあるOSおよびLabVIEWバージョンを使用していることを確認します。
  • ビットファイルを削除して、それらを再生成します。
  • Compile Cloud Serviceまたはコンパイルサーバーファームを使用します。
    • リモートコンパイルセッションで問題が解決せず、適切なXilinxコンパイルツールがインストールされている場合は、コンパイルする前にXilinxコンパイルツールをアンインストールしてみます。
  • プロジェクトとVIが目的の場所にあることを確認します。
    • ファイルパスが長すぎる場合は、LabVIEWプロジェクトのファイルタブを使用してファイルを再配置します。
  • ビルド仕様を削除して再作成します。詳細については、FPGAビルド仕様を設定する (FPGAモジュール)を参照してください。
  • 影響を及ぼすFPGAノードを削除して再作成します。
  • ローカルコンパイルツールを使用している場合は、Xilinxコンパイルツールを強制的に再インストールします。
  • LabVIEW FPGAモジュールを強制的に再インストールします。
  • すべてのRIOドライバを強制再インストールします。

追加情報

LabVIEW FPGA Module 2018以前は、Windows 10では一部のXilinxコンパイルツールがサポートされていませんでした
NI FPGAハードウェアと互換性のあるXilinxコンパイルツールを見つけて、開発マシンに適切なバージョンをダウンロードできます。