E、M、およびXシリーズのマルチファンクションDAQでのトリガと最初のサンプル間の遅延

更新しました Oct 28, 2019

問題

アナログ/デジタルトリガでアナログ入力を実行しています。トリガを受信してから最初のサンプルを収集するまでの遅延はどれくらいですか?

解決策

Eシリーズ(NI 60xxE)、Mシリーズ(NI 62xx)、およびXシリーズ(NI 63xx)DAQデバイスのトリガ遅延(レイテンシ)は、デジタルトリガまたはアナログトリガを使用しているかどうかに関係なく、同じ遅延に非常に近いです。2つの主な違いは、トリガが実際に検出されるタイミングです。
 

アナログトリガを使用する場合、アナログトリガピン(MおよびXシリーズのAPFI、EシリーズのPFI0/AI開始トリガピン)のいずれか、またはアナログ入力ラインのいずれかを使用する必要があります。これらのデバイスは、通常、デバイスのアナログ入力よりも精度がはるかに低いアナログトリガ検出回路を使用します。たとえば、Mシリーズのコンパレータ回路には通常、デバイスのADCよりも4ビット少ない確度のADCが含まれています。詳細については、The Analog Input Trigger Resolution of Multifunction DAQを参照してください。このトリガ回路の確度は、アナログトリガが検出されるタイミングに影響します。これは、信号がトリガしきい値を超えてから最初のサンプルが取得されるまでの遅延に影響します。
 

確度に加えて、DAQデバイスの内部には短い遅延があります。この遅延は、Eシリーズ、Mシリーズ、およびXシリーズデバイスによって異なります。
 

遅延は、2つの要素で構成されます。
 

  • トリガが発生してからサンプルクロックが生成されるまでの遅延
  • サンプルクロックから変換クロック(マルチプレクサを使用するデバイスで実際にサンプルを取得するために使用されるクロック)までの遅延

 

 

トリガから最初のサンプルクロックまでの遅延

この遅延は、DAQmxトリガプロパティノード(開始>>オプション>>遅延)で構成できます。デフォルトの遅延はデバイスによって異なります。

  • Eシリーズ: AIタイムベースの2ティック分
  • Mシリーズ: AIタイムベースの2ティック分
  • Xシリーズ(マルチプレクサおよび同時サンプル): AIタイムベースの4ティック分

 

 


サンプルクロックから最初のAI変換クロックパルスまでの遅延

この遅延は、DAQmxタイミングプロパティ(オプション>>AI変換>>サンプルクロックからの遅延>>遅延)で構成できます。この遅延もデバイスによって異なります。
 

  • Eシリーズ: AIタイムベースの2ティック分
  • Mシリーズ: AIタイムベースの3ティック分
  • Xシリーズ(マルチプレクサ): AIタイムベースの3ティック分
  • Xシリーズ(同時サンプル): 0 遅延。Xシリーズ同時サンプリングデバイスには、AI変換クロックはありません。


詳細については、関連リンクセクションの適切なユーザマニュアルを参照してください。
 

最後に、有効なトリガ条件が満たされてからアナログトリガ回路がアナログ比較イベントを発するまでの伝播遅延は、トリガ信号のスルーレートが高い場合、測定に影響を与える可能性があります。
 

これらの条件が測定に顕著な影響を及ぼす場合は、タスクを通常に構成してアナログトリガに既知の信号を適用することにより、アナログトリガ回路でソフトウェアキャリブレーションを実行できます。観察された結果と期待される結果を比較して、必要なオフセットを計算してソフトウェアに適用し、目的のトリガ動作を微調整できます。
 

この記事に記載されている2つのプロパティは、Eシリーズ、Mシリーズ、およびXシリーズのDAQデバイスを手動で同期するために使用されます。トリガされたまたはトリガされていないデータ収集が適切に同期されるようにするには、これらの遅延が各システムで一致することを確認する必要があります。タイムベースはデバイスによって異なるため、使用しているAIタイムベースに応じて適切なティック数を決定する必要があります。

この記事はお役に立ちましたか?

いいえ