アプリケーションの起動時にイベントケースをすぐに実行する

更新しました Sep 17, 2019

使用製品

Software

  • LabVIEW

問題

LabVIEWアプリケーションで、ボタンなどをクリックせずにイベントストラクチャにある特定のイベントケースをすぐに実行し、通常のイベントが発生するのを待機する必要があります。

解決策

イベントストラクチャのタイムアウト端子に初期値として "0" を入力し、その後にイベント発生まで無限に待機する "-1" をシフトレジスタを使用してループの反復後に書き込みます。
 

タイムアウトのケースに初めに実行したいコードを記載します。他のイベントソースをこのケースに追加することもできます。下図のブロックダイアグラムは、その実装例です。



 

添付のVIを実行すると[0]のケースが直ちに実行され、その後2つの数値制御器の値のうちどちらかが"値変更"のイベント発生が起こるまで待機します。初めのWhile ループの反復後は他のイベントストラクチャと同様の動作となります。 

この記事はお役に立ちましたか?

いいえ