CAN物理層規格: 高速CAN対低速/フォールトトレラントCAN

更新しました Nov 17, 2018

使用製品

Driver

  • NI-CAN
  • NI-XNET

問題

  • 3つのCAN層は何ですか?
  • レイヤはどのように定義されていますか?
  • ナショナルインスツルメンツの物理層規格とは何ですか? (高速/低速/フォールトトレラントCAN)

解決策

3つのCAN層は何ですか?
Bosch社が開発したCAN仕様(ISO 11898)は、CANをオブジェクト層、転送層、物理層の3つに分類されています。

レイヤはどのように定義されていますか?
オブジェクト層と転送層は、CAN仕様で完全に定義されています。 物理層は意図的に仕様から除外されており、システム設計者はアプリケーションに合わせて電圧レベルと伝送媒体を最適化できます。CAN仕様の普及に伴い、CAN物理層規格が作成され、CANネットワークのデバイス開発がより簡単になり、相互接続が可能になりました。

ナショナルインスツルメンツの物理層規格とは何ですか?
ナショナルインスツルメンツのCANインタフェースは、2つの物理層規格を実装しています。これらの規格は高速、低速という用語を使用して区別されていますが、ケーブル接続、フォールトトレランス、および終端など他の領域でも異なります。
  • 高速CANは、ケーブルの長さに応じて、40 Kbit/秒から1 Mbit/秒までのボーレートを提供します。デバイス間で簡単なケーブル接続が可能であるため、これは物理層で最も一般的な規格です。これは、DeviceNetおよびCANopen仕様で使用されている物理的な規格です。高速CANネットワークは、ネットワークの両端を120 Ωの抵抗で終端します。
     
  • 低速/フォールトトレラントCANは、40 Kbit/秒から125 Kbit/秒のボーレートを提供します。この規格により、CANバスラインに配線障害が発生した場合でもCAN通信を継続できます。低速/フォールトトレラントCANネットワークでは、各デバイスはそれぞれ独自の終端を備えています。

追加情報

終端タイプの違いにより、高速CANデバイスと低速/フォールトトレラントCANデバイスを同じネットワークで使用できません。

この記事はお役に立ちましたか?

いいえ