データ収集デバイスに2、3および4線式RTDを接続する

更新しました Nov 16, 2018

使用製品

Hardware

  • Multifunction I/O Device

問題

データ収集(DAQ)デバイスに2線式、3線式、もしくは4線式の測温抵抗体(RTD)を接続したいです。RTDのワイヤカラーの違いは何ですか?そしてそれらをどのように接続すればいいですか?

解決策

RTDは、一般的に赤/黒、もしくは赤/白のワイヤカラーの組み合わせとなっています。
  • 赤: 励起
  • 黒: グランド
  • 白: グランド
以下の接続図は、さまざまなRTDタイプをDAQデバイスに接続する方法を示しています。
 

4線式RTD信号接続

抵抗素子の正極側にある赤のリード線をDAQデバイスの励起正極とチャンネル正極に接続します。抵抗素子の負極側にある黒(または白)のリード線をDAQデバイスの励起負極とチャンネル負極に接続します。(2線式RTDに比べてリード線が2本多くあることで、より高い精度を実現できます。)

 

3線式RTD信号接続

赤のリード線を励起正極に接続します。DAQデバイスで励起正極とチャンネル正極をジャンパー線で接続します。黒(または白)のRTDリード線の1つを励起負極に接続し、もう1つをチャンネル負極に接続します。

メモ: NI 9217などいくつかのハードウェアには、内部3線式構成補正の機能があり、CH+とEX+間にジャンパー線を使用する必要がありません。これらの製品は、内部で接続されています。使用するデバイスの仕様書を参照してください。

 

2線式RTD信号接続

赤のリード線を励起正極に接続します。DAQデバイスで励起正極とチャンネル正極をジャンパー線で接続します。黒(または白)のRTDリード線を励起負極に接続します。DAQデバイスで励起負極とチャンネル負極をジャンパー線で接続します。

追加情報

どのワイヤが抵抗素子のどちら側に接続されているかわからない場合は、デジタルマルチメータ(DMM)を使用してワイヤ間の抵抗を測定します。0オーム以下では、リードが同じノードに接続されていることを示します。公称ゲージ抵抗(典型的に100オーム)に近い抵抗は、ワイヤリードが抵抗素子の反対側にあることを示しています。

メモ: 必要な励起レベルを決定するには、使用するRTDの仕様マニュアルを参照してください。

温度測定には、RTDに電流励起源が必要なため、USB-6008、USB-6009、またはM、E、またはSシリーズデバイスを直接接続することはお勧めしません。これらのデバイスはこの励起電流を提供することができないため、外部電源が必要となります。ナショナルインスツルメンツでは、励起電流を供給でき1つのモジュールで温度を収集できるRTD計測用のデバイスを提供しています。これらの製品には、USBまたはWi-Fiを含むさまざまなフォームファクタがあります。RTD計測デバイスを参照してください。

この記事はお役に立ちましたか?

いいえ