ソフトウェア修復後にNIシステムウェブサーバが登録解除される

更新しました Jun 25, 2019

使用製品

Software

  • LabVIEW 2011 Professional
  • LabVIEW 2011 FPGA Module
  • SignalExpress 2011
  • LabVIEW 2011 Real-Time Module
  • LabVIEW 2013 Professional

Driver

  • NI-DAQmx 9.3.5
  • NI-VISA 5.1
  • NI-RIO 4.0

その他

NIシステムウェブサーバ

問題

NIシステムウェブサーバを含むナショナルインスツルメンツ(NI)のソフトウェアを修復しました。しかし、その後もソフトウェアは正しく動作していません。この問題を解決するにはどうすればよいですか?

解決策

この問題は、同じディストリビューションで2回目の修復を実行することで解決できます。一般に、何らかの理由でこれらのディストリビューションのいずれかを修復した場合は、NIシステムウェブサーバが登録されていることを確認するためにこのプロセスをもう一度実行する必要があります。修復中に再起動のメッセージが表示された場合は必ずコンピュータを再起動して、バックグラウンドプログラムがLabVIEWランタイムエンジンを使用していないことを確認します。 
 

この問題は、以下のアプリケーション開発環境、アドオンモジュール、アドオンツールキットとソフトウェア、およびデバイスドライバに影響を及ぼします。
 

アプリケーション開発環境

  • NI LabVIEW 2011 English 32-bit
  • NI LabVIEW 2011 English 64-bit
  • NI LabVIEW 2011 French
  • NI LabVIEW 2011 German
  • NI LabVIEW 2011 Japanese
  • NI LabVIEW 2011 Korean
  • NI LabVIEW 2011 Chinese
  • NI LabVIEW 2011 Runtime Engine 2011 32-bit
  • NI LabVIEW 2011 Runtime Engine 2011 64-bit
  • SignalExpress 2011
  • Measurement Studio 2010 SP1 VS2005
  • Measurement Studio 2010 SP1 VS2008
  • Measurement Studio 2010 SP1 VS2010
  • LabWindows/CVI 2010 SP1
  • Lookout 6.6
 

アドオンモジュール

  • LabVIEW 2011 Real-Time Module
  • LabVIEW 2011 Real-Time Module (Japanese)
  • LabVIEW 2011 Real-Time Module (Chinese)
  • Real-Time Hypervisor 2.1 for Windows
  • LabVIEW 2011 FPGA Module Xilinx 10.1
  • LabVIEW 2011 FPGA Module Xilinx 12.4
  • LabVIEW 2011 DSC Module
  • LabVIEW 2011 DSC Module Runtime System
  • Vision Development Module 2011
  • LabVIEW 2011 Robotics Module
  • LabVIEW 2011 ARM Module
  • LabVIEW 2011 C Generator
 

アドオンツールキットとソフトウェア

  • LabVIEW 2011 Desktop Execution Trace Toolkit
  • Vision Acquisition Software 2011
  • NI Vision Builder for Automated Inspection 2011
  • Motion Assistant 2.7
  • LabVIEW FPGA Compile Farm 2011
  • NI-RIO FPGA C API 2.0
  • 2011 ARM Compile Farm Toolkit - Client and Worker
  • Sound and Vibration Measurement Suite 2011
  • System Configuration 5.0
 

デバイスドライバ

  • August 2011 NI Device Driver DVV
  • NI-DAQmx 9.3.5
  • NI-VISA 5.1 (Full)
  • NI-VISA 5.1 (Runtime)
  • NI-RIO 4.0.0
  • NI-Sync 3.3
  • FieldPoint 6.0.9
  • NI-Serial for Windows 3.8
  • NI Motion 8.3
  • NI-XNET 1.3.1
  • NI-SWITCH 4.3.5
  • NI-TimeSync 1.1.1
  • NI-ELVISmx 4.3
  • NI-845x 1.1.5
  • NI-Industrial Communication for DeviceNet 2.0.2
  • NI-Industrial Communication for CANopen 1.0.1

追加情報

LabVIEW 2013では、LabVIEWを修復するとサービスロケータの依存関係がアンインストールされるという既知の問題があり、LabVIEW 2013f1パッチで修正されました。パッチの詳細については、LabVIEW 2013 Patch Detailsを参照してください。

この記事はお役に立ちましたか?

いいえ