LabVIEWでビルドしたEXEを実行するとLabVIEWランタイムエンジンの警告が表示される

更新しました Jul 11, 2019

使用製品

Software

  • LabVIEW Base
  • LabVIEW Full
  • LabVIEW Professional
  • LabVIEW Application Builder Module

問題

LabVIEWアプリケーションビルダを使用して実行ファイル(EXE)をビルドして、ターゲットマシンにコピーしました。そして、そのアプリケーションを実行すると、LabVIEWランタイムエンジンをインストールすることについての警告メッセージが表示されます。この警告は何ですか?

解決策

この警告は、LabVIEWランタイムエンジン(LVRTE)自体ではなく、LVRTEのインストーラファイルに関するものです。
 

実行ファイルを作成すると、LabVIEWはLVRTEインストーラファイルをサブフォルダにコピーします。ファイルはインストーラにコピーされます。インストーラは、アプリケーションビルダが実行ファイルを作成するディレクトリと同じディレクトリにあります。LVRTE自体(lvrt.dll)を上書きコピーするのではありません。インストーラファイルをコピーしています。これは、実行ファイルをインストールする際に、ターゲットコンピュータにLVRTEをインストールできるようにするためです。そうでなければ、LVRTEがすでにターゲットコンピュータ上にない限り、実行ファイルは実行されません。

追加情報

LabVIEWプロフェッショナル開発システムには、アプリケーションビルダに同梱されています。LVRTEインストーラファイルは、\National Instruments\Shared\LabVIEW Run-Timeにコピーされます。LabVIEWフル開発システムおよびベースパッケージでは、アプリケーションビルダを別途購入する必要があります。アプリケーションビルダをインストールしても、LVRTEインストーラファイルはインストールされないため、RunTimeフォルダを作成して手動でファイルをコピーする必要があります。
 

LVRTEインストーラファイルは、LabVIEWメディアのRunTimeEngineフォルダにあります。この場合、ファイルを\National Instruments\Sharedにコピーします。

この記事はお役に立ちましたか?

いいえ