エラー 0xBFF69031: GigEカメラから取得すると「システムは画像を取得できません」というエラーが発生する

更新しました Feb 6, 2019

使用製品

Hardware

  • GIGE I/O Cable
  • GIGE I/O Board

Software

  • Vision Development Module

Driver

  • IMAQ Vision

Operating System

  • Windows

問題

Measurement&Automation Explorer(MAX)でGigEカメラから画像を取得しようとしています。 しかし、スナップやグラブをしようとすると、MAXは次のようなエラーメッセージの1つを返します。どうすれば修正できますか?

Vision Acquisition Software August 2014 or earlier (IMAQdx 14.0.1 or earlier)

Error 0xBFF69031: The system did not receive a test packet from the camera. The packet size may be too large for the network configuration or a firewall may be enabled.


 

Vision Acquisition Software February 2015 or later (IMAQdx 14.5 or later)

The system cannot acquire images.  This is likely due to one of the following reasons:
1. The packet size may be too large for the network setup.
- Enable Jumbo Frames for the network adapter in use and confirm any other network hardware used supports Jumbo Frames.
- If Jumbo Frames cannot be enabled or is unsupported, decrease the Packet Size attribute to be 1500 bytes.  Note this increases processing overhead and potentially reduces maximum frame rate.  

2. A firewall may be blocking the network traffic from the camera
- Ensure the Firewall Traversal attribute is Enabled.
- Check if the firewall can be disabled on the network interface in use.

 

解決策

この問題を解決するには、複数の解決策があります。
  • MAXのAcquisition Attributesタブでパケットサイズを小さくします。

 
  • Camera AttributesタブでFirewall Traversal設定がEnabledであることを確認します。

 
  • Test Packet Parametersの下でTest Packet Enabled設定を無効にしてみます。

 
  • ジャンボフレームを許可するようにネットワークインターフェイスカードが設定されていることを確認します。
    • スタート >> コントロールパネルを開きます。
    • ネットワークと共有センターをクリックします。
    • ローカルエリア接続を選択し、プロパティをクリックします。
    • ダイアログが開かれた後、構成を選択します。
    • 詳細設定を選択し、Jumbo Packetが有効になっていることを確認します。
  • ファイアウォールを無効にするか、特定のイーサネットポートの例外を作成します。
  • 最新のNI-IMAQdxドライバがインストールされていることを確認するには、www.ni.com/driversにアクセスして、カメラが接続されているコンピュータと互換性のある最新の画像入力ソフトウェア(Vision Acquisition Software)をダウンロードしてください。
  • Exposure TimeTimeoutよりも短いことを確認します。
  • これらの手順のいずれも失敗した場合は、 NIサポートにお問い合わせください。

追加情報

パケットサイズは、各データパケットで転送されるバイト数を指定します。このパラメータを変更すると、バスを介して画像を送信するために必要なパケット数に影響します。値を大きくするほど画像がより速く転送されます。パケットサイズがネットワークインターフェイスの許容サイズより大きいと、エラーが発生する可能性があります。カメラに接続されているネットワークアダプタがジャンボフレームをサポートしていない場合、この値は1500に設定する必要があります。

多くのカメラは、Firewall Traversalと呼ばれるGigE Vision属性をサポートしています。これにより、ファイアウォールに対するカスタムポート例外を作成せずにパケットタイムアウトエラーを解決できます。カメラ属性パネルでAcquisition Attributesを公開するには、View Options>>All Attributesを選択します。次に、ツリーの中でAcquisition Attributes>>Advanced Ethernet>>Firewall Traversalに移動し、Enabledチェックボックスにチェックを入れます。

通常、ネットワークドライバは1500バイト以上のデータを複数のパケットに分割します。ただし、GigE Vision規格では、最大9014バイトのパケットサイズが可能です。これらの大きなパケット(ジャンボパケットとも呼ばれます)は、カメラがネットワーク上でより効率的にデータを転送できるようにします。ネットワークカードを右クリックしてプロパティを選択すると、デバイス マネージャーから多くのネットワークカードでジャンボパケットを有効にすることができます。

すべてのローカル受信ポートに例外を追加すると、GigEカメラからのパケットがWindowsファイアウォールをバイパスします。

この記事はお役に立ちましたか?

いいえ