シンク型/ソース型デジタル出力としてNI 940xモジュールを構成する

更新しました Jul 8, 2019

使用製品

Hardware

  • NI-9401
  • NI-9402
  • NI-9403

問題

NI 9401/9402/9403モジュールは双方向デジタル入出力をであると記載されています。それをシンク型またはソース型に設定する必要がありますか?

解決策

NI 9401、NI 9402、およびNI 9403モジュール(NI 940x)は、ハードウェアやソフトウェアの設定を必要とせず、配線方法だけで双方向になるよう設計されています。これは、ソース型出力と反転シンク型出力の類似点を利用して行われます。
 

下図に、940xデバイスの機能を双方向のソース型出力として接続した回路図を示しています。



 

負荷がソース型構成で配線されている場合、デジタル出力がHighに設定されているとNI 940xは負荷に電流を流します。出力がLowに設定されると、デジタルラインは接地されます。


 

上図に示すように、負荷がシンク型構成で配線されている場合、NI 940xはデジタル出力がLowに設定されていると負荷に電流を流します。
 

デジタル出力がHighに設定されている場合、デジタル出力は開回路ではなく5Vであるため、外部電源が内部電源と一致している限り、電流は流れません。

追加情報

NI 9402の場合、上図では内部と外部の電源を5 Vではなく、3.3 Vにする必要があります。

この記事はお役に立ちましたか?

いいえ