エラー -1967362042 (0x8ABC7006): LabVIEWライブラリをデプロイするとエラーが発生する

更新しました Nov 27, 2019

使用製品

Software

  • LabVIEW Datalogging and Supervisory Control Module
  • LabVIEW Real-Time Module
  • LabVIEW Run-Time Engine

問題

  • LabVIEWプロジェクトからライブラリをデプロイしようとすると、次のようなエラーメッセージが発生します。
  • LabVIEWランタイムエンジンがインストールされているコンピュータにシェア変数ライブラリをデプロイするLabVIEW実行アプリケーションを実行しています。しかし、シェア変数ライブラリのデプロイ中に、次のエラーで失敗します。

    デプロイ失敗(エラー: -1967362042, IAK Shared: (Hex 0x8ABC7006) サービスを開始できません).
 

解決策

このエラーを解決する最初の手順は、NI Variable Engineが起動していることを確認することです。これを行うには、Windowsのスタートメニューから名前を指定して実行を選択して、services.mscと入力して実行します。 これにより、コンピュータ上のサービスのリストが表示されます。以下のスクリーンショットのように、NI Variable Engineが表示されるようにスクロールダウンします。
 


 

NI Variable Engineが実行されている場合、上図で強調表示されているボックスには実行中と表示されます。実行されていない場合は、サービスの左側にあるサービスを開始をクリックして開始します。
 

メモ: サービスのリストにNI Variable Engineが表示されない場合、サービスはコンピュータにインストールされていません。これは、追加のインストーラとしてNI Variable Engineを含まないカスタムLabVIEWインストーラをターゲットマシンで実行した場合に発生する可能性があります。この場合、NI Variable Engineがインストーラのビルド仕様に追加のインストーラーとして含まれていることを確認し、インストーラを再ビルドして、ターゲットマシンにインストールする必要があります。
 

インストーラを所有していないか、再ビルドできない場合は、ナショナルインスツルメンツのウェブサイトから適切なバージョンのLabVIEWランタイムエンジンインストーラをダウンロードできます。LabVIEWランタイムエンジンインストーラを実行する場合、インストールするNI変数エンジンを選択していることを確認します。


 

上記のウィンドウからNI Variable Engineを開始しようとしても失敗し、Datalogging and Supervisory Control Moduleがインストールされている場合は、そのモジュールを修復する必要があります。NIソフトウェアを修復する方法については、Windowsでナショナルインスツルメンツのソフトウェアまたはドライバをアンインストールまたは修復するを参照してください。

追加情報

この問題を修正するために試すことができる追加の方法がいくつかあります。
 

  1. NI PSPサービスが有効になっていることを確認します。NI PSPサービスは、NI Variable Engineの前段階のサービスとして機能しています。
     
  2. NI PSPでログインエラーが発生していないことを確認します。ログインエラーが発生している場合は、ローカルアカウントでログインして、上記のサービスを開始します。

この記事はお役に立ちましたか?

いいえ