NIソフトウェアを自動アンインストールする

更新しました Dec 4, 2018

使用製品

Software

  • LabVIEW Full

Operating System

  • Windows

問題

Windowsオペレーティングシステムでナショナルインスツルメンツ(NI)ソフトウェアのアンインストールを自動化するにはどうすればよいですか?

解決策



警告: 特定の製品をアンインストールするには、/ForceDependentsフラグを使用する必要があります。ただし、コンピュータにインストールされているすべてのNIソフトウェアが含まれる可能性のある、すべての依存製品のアンインストールが強制されます。このフラグの詳細については、下記を参照してください。
  • 自動アンインストールではユーザ操作は必要ありませんが、進行状況のダイアログが表示されます。
  • すべての再起動が抑制され、再起動が必要かどうかを示すリターンコードが表示されます。
  • NIアンインストーラは、通常は下記のNI Sharedサブディレクトリにあります。
    • 32ビットシステム: C:\Program Files\National Instruments\Shared\NIUninstaller\uninst.exe  
    • 64ビットシステム: C:\Program Files (x86)\National Instruments\Shared\NIUninstaller\uninst.exe 
  • ただし、レジストリキーからシステム上のuninst.exeの正確な場所を見つけることができます。
    • 32ビットシステム: HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\National Instruments\Common\Installer\MIF\MetaUninstaller\Path
    • 64ビットシステム: HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Wow6432Node\National Instruments\Common\Installer\MIF\MetaUninstaller\Path

アンインストーラモード:

システムにインストールされているすべてのNIソフトウェアをアンインストールする:
uninst.exe /qb /x all

特定のNIソフトウェアをアンインストールする: 
uninst.exe /qb /ForceDependents /x "product name" 
  • 「製品名」は、次のいずれかの組み合わせにすることができます(製品名が少なくとも1つの製品と一致しない場合、アンインストーラは失敗します)。
    • NIアンインストーラユーザインタフェースの製品列に表示される名前:


     

    • LabVIEW 8.0以降、TestStand 3.5以降、またはCVI 8.0以降で作成されたカスタムビルドインストーラの場合、Microsoftのアプリケーションの追加と削除に表示される製品の名前です。

       
  • 複数の製品をアンインストールするには、複数の/xパラメータを使用します。
    例: uninst.exe /qb /ForceDependents /x “NI LabVIEW 8.0” /x “NI-DMM 2.5”
    製品名は大文字と小文字を区別しません。スペースを含む製品名の前後に引用符を使用します。
     
  • 製品名のパターンマッチには、複数文字( "*")と単一文字( "?")のワイルドカードを使用できます。 複数の一致が見つかった場合は、すべての商品が削除されます。 たとえば、/x "NI LabVIEW Run-Time *"では、NI LabVIEWランタイムエンジンがインストールされている場合は7.1と8.0が削除されます。
  • このコマンドを使用してLabVIEWで作成されたアプリケーションをアンインストールすると、LabVIEWで作成されたアプリケーションとともにインストールされたすべてのソフトウェアがアンインストール時に削除されます。残りのNI製品がインストールされていて、何も依存していない場合でも、それらもアンインストールされます。

/ForceDependents: 

/ForceDependentsフラグはオプションですが、指定した製品に依存する製品もアンインストールする必要があるため、推奨されています。このフラグが指定されておらず、指定された製品が別の製品に依存している場合は、製品をアンインストールせずにアンインストールが失敗します。

たとえば、LabVIEW 8.0ランタイムエンジンとNI DAQmx 8.0がインストールされているシステムがあるとします。ランタイムエンジンのみを削除したいので、次のコマンドラインを使用します。
uninst.exe /qb /x “NI LabVIEW Run-Time*”

このシナリオでは、DAQmxはLabVIEWランタイムエンジンに依存するため、アンインストールは失敗し、直ちに終了します。この動作は、NIアンインストーラのユーザインタフェースモードで、「検出された依存製品」ダイアログで 「すべてを削除」と表示されてキャンセルした場合と同様です。このフラグを使用してアンインストールを自動化する前に、ユーザインタフェースモードを利用することで依存関係を検出することができます。

 

/log:

アンインストールのログを作成するには、/log logfilename.txtフラグを使用します。ログファイルが非常に大きくなる可能性があることに注意してください。

 

エラーコード

0ERROR_SUCCESS正常にアンインストールされました。すべての製品が正常に削除されました。
3010ERROR_SUCCESS_REBOOT_REQUIREDアンインストールが成功しました。 少なくとも1つの製品が再起動を要求しました(再起動は常に抑制されます)。
その他の正の整数FAILUREアンインストールに失敗しました。

NIインストーラのどのバージョンが自動アンインストールにサポートされていますか?

/qb / x allフラグは、システムでNIインストーラ バージョン2.0以降に同梱されている製品がインストールされている場合にサポートされます。残りのフラグは、NIインストーラ バージョン2.6以上で追加されました。インストーラのバージョンを確認する方法については、下記の関連リンクを参照してください(この場合、タイプは重要ではありません)。また、メディア上のsetup.exeではなく、システム上のuninst.exeのバージョンを確認することもできます。このファイルのバージョンには、NIインストーラの最新バージョンがシステムに反映されます。

この記事はお役に立ちましたか?

いいえ