単一インストーラのインストールのカスタマイズと自動化

更新しました Nov 17, 2018

使用製品

Software

  • TestStand
  • LabVIEW
  • Developer Suite
  • VeriStand

Driver

  • NI-DAQmx

Operating System

  • Windows

問題

NI Developer Suiteなどの複合インストーラとは対照的に、LabVIEWやTestStandなどのNIソフトウェア用の単一インストーラがあります。サイレントインストーラや大規模なインストール、アップグレード、または配布を行うことに興味があります。ナショナルインスツルメンツのソフトウェアのインストールをカスタマイズおよび自動化するにはどうすればよいですか?

解決策

WindowsのコマンドプロンプトからNIインストーラのインストールを自動化することができます。コマンドプロンプトウィンドウを開いた状態で、cd <インストールファイルを含むディレクトリへのパス>コマンドを入力して、作業ディレクトリをインストールsetup.exeファイルを含む場所に変更します。

正しい作業ディレクトリに移動したら、setup /hコマンドを入力して、いつでもインストーラオプションを見ることができます。



サポートされているインストールモード:
  • サイレント: ダイアログ、GUI構成、進行状況バーがありません。
  • 基本: 進行状況バー付きのサイレントインストールです。
  • 基本(フル): プリインストールGUIはありませんが、NIアクティブ化ウィザードのようなポストインストールGUI要素があります。進行状況バーも含まれます。
  • カスタマイズ: 下記のカスタマイズインストールセクションを参照してください。


これらの特別なモードの1つを開始するには、以下に示す対応するコマンドを入力します。
  • サイレント: setup /q /AcceptLicenses yes
  • 基本: setup /qb /AcceptLicenses yes 
  • 基本(フル): setup /qf /AcceptLicenses yes


サイレントモードでインストーラが完了したら、次のコマンドライン引数を使用して、コンピュータを強制的に再起動しないか、強制的に再起動するかを選択することもできます。
  • 最後に再起動をしない: /r, /r:n 
  • 最後に再起動を強制する: /r:f



カスタマイズインストール:
ナショナルインスツルメンツインストーラは、構成ダイアログの代わりとして仕様ファイルと呼ばれる構成ファイルを使用します。この仕様ファイルには、ユーザの情報、シリアル番号の情報、インストールする/しない機能などの情報が含まれます。
 
  1. 仕様ファイルを作成する:
インストーラを仕様ファイル生成モードで実行できます。このモードでは、ユーザ情報とシリアル番号を入力でき、インストールするまたはしない各機能を選択することができます。フィールドをデフォルト値にしておくことも可能です。次のコマンドでインストーラを仕様ファイル生成モードで実行できます。 
setup /generatespecfile <仕様ファイル名>

インストールダイアログが表示されます。各ダイアログのフィールドに関する手順は、ユーザインタフェースの下の部分に記載されています。すべてのダイアログが実行されたら、ソフトウェアのサイレントインストールを行うのに使用できる仕様ファイルが生成されます

メモ: 仕様ファイルがあらかじめ存在している必要はありません。Automating the Installation of National Instruments Software - NI Installers Version 2.4x and Previousを参照してください。

 
  1. 仕様ファイルを使用してインストーラを実行する: 
次のコマンドにより、仕様ファイルを使用してインストーラを実行できます。
setup <spec file name> /q /AcceptLicenses yes

コマンドプロンプトで使用可能なオプションの一覧を表示するには、setup.exe -helpを実行します。

追加情報

この記事は、LabVIEWなどの単一の製品インストーラを対象としています。Developer SuiteやSoftware Platform Bundleなどの適切なインストーラについては、How Do I Automate the Installation of a Suited Installer? を参照してください。サイレントインストールでは、Windows高速スタートアップ機能が自動的に無効になります。詳細については、Hardware Not Detected or Not Functional on Windows Due to Fast Startupを参照してください。

製品の通知:
setup.exeのバージョンが2.7以上のインストーラ(右クリック>>プロパティ>>詳細タブ)がNIサーバに接続し、インストール時に既知の問題が発生するかどうかを確認します。問題が発生すると、インストーラは通知しインストールを中止することができます。通知の動作は、次のコマンドラインフラグで変更できます。
 

/confirmCriticalWarnings
重大な警告が検出されてもインストールの継続を許可します。このオプションは致命的な状態が検出された場合にはインストールの継続を許可しません。このコマンドラインの引数は、サイレントインストール(/q)オプションが使用されている場合にのみ有効となり、それ以外の場合は無視されます。

/disableNotificationCheck
製品通知の確認を無効にします。

この記事はお役に立ちましたか?

いいえ