LabVIEWでDAQアシスタントが表示されなく見つからない

更新しました Oct 28, 2019

使用製品

ソフトウェア

  • LabVIEW
  • Measurement & Automation Explorer (MAX)

ドライバ

  • NI-DAQmx

問題

  • すでにLabVIEWをインストールしていますが、DAQアシスタントExpress VIが測定I/O関数パレットに表示されなく、検索しても見つかりません。
  • LabVIEWとNI-DAQmxをインストールしましたが、LabVIEWでDAQアシスタントなどのDAQ関数が使用できません。 ただし、MAXではタスクを作成できます。LabVIEWで使用できないのはなぜですか?

解決策

DAQアシスタントはNI-DAQmxデバイスドライバの一部であり、LabVIEWのパッケージには含まれていません。問題を解決するには、次のトラブルシューティングを行います。
 

  • 次のリンク先にある表を確認して、オペレーティングシステム(OS)、LabVIEW、およびNI-DAQmxバージョンの互換性を確認します。
  • 複数のNIソフトウェア製品のインストール順序に沿ってインストールしていることを確認します。最初にLabVIEWをインストールしてから、NI-DAQmxをインストールする必要があります。
    • インストールの順序が正しくない場合、DAQmxドライバを修復または強制再インストールすると順序が修正されます。
       
  • LabVIEWバージョンがサポートできる最新のDAQmxドライバにアップグレードします。
     
  • DAQmxを修復または強制再インストールします。これにより、破損したドライバが修復されます。
     
  • DAQmxインストーラ(setup.exeまたはautorun.exe)を再実行して、カスタムインストールを選択し、LabVIEWサポートがインストールされていることを確認します。
    • LabVIEWサポート項目の横にあるアイコンを左クリックした場合、この機能をローカルドライブにインストールするオプションが選択されていることを確認する必要があります。

       

メモ: 上記を確認してもDAQアシスタントが見つからない場合は、LabVIEWで関数パレットまたは制御器パレットでアイコンが表示されないを参照してください。

追加情報

  • NI-DAQmxを使用したLabVIEWのアップグレードまたはダウングレードでは、システムに必要なソフトウェアとドライバーのバージョンを確認する方法、LabVIEWを適切にアップグレードまたはダウングレードする方法、LabVIEW DAQmx ADEサポートがインストールされていること、およびインストール後に実行する追加のトラブルシューティング手順について説明します。
     
  • NI-DAQmxのインストール後、DAQアシスタントExpress VIを見つけることができても、まだ入力端子と出力端子が表示されない場合は、VIをダブルクリックして必要な構成を行います。