エラー -1074118574: ソースメジャーユニットでリモートセンスを使用するとエラーが発生する

更新しました Jul 20, 2019

使用製品

Hardware

  • PXIe-4135
  • PXIe-4136
  • PXIe-4137

Driver

  • NI-DCPower

問題

メジャーユニット(SMU: Source Measure Unit)で次のようなエラーメッセージが表示されることがあります。
 

Error -1074118574: An error has been detected with the sense leads. This error could result from a reversal or incorrect connection of the sense lines. Please verify your hardware configuration.


 

解決策

このエラーは、PXIe-4135、PXIe-4136、およびPXIe-4137のセンスリードエラー検出機能によって発生します。
 

SMUの製品群は、いずれかのリモートセンス端子が不適切に接続されていることを検出すると、出力をシャットダウンしてエラー状態になります。一般に、このエラーが発生するのは、センス端子で不適切な接続による極性の反転、センスリードの短絡、またはローカルセンスHIまたはLOの接続不良が含まれます。エラーが発生した場合は、リモートセンスラインとローカルセンスラインが正しくしっかりと接続されていることを確認してから、デバイスをリセットします。
 

HIとHI SENSEの間、およびLOとLO SENSEの間に1 MΩの内部抵抗があり、出力を要求された値に近づけるので、センスリードが切断されてもエラー状態になりません。ただし、エラーや警告が発生しませんが、精度が低下します。
 

デバイスがローカルセンスのみの動作にプログラムされている場合、このエラーは発生しません。

追加情報

SMUは、HIとHI SENSE間の電圧差を監視して、電圧が指定された最大値の1ワイヤあたり3 Vを超えるとエラーを生成します。LOとLO SENSEの間の電圧差も同様に監視されます。
 

HIまたはLOへの接続が緩んでいると、それらに接続されているリード線の抵抗が増加します。この抵抗が非常に大きいと、リモートセンス回路とローカルセンス回路との間の電圧差が6 Vを超えると(2本のワイヤが1本のワイヤあたり3 V)、エラーが発生する可能性があります。
 

センスリードエラー検出は、SMUのリモートセンスラインに関する問題を検出するための機能です。リモートセンスの詳細については、NI DC Power Supplies and SMUs Helpのリモートセンスページを参照してください。

この記事はお役に立ちましたか?

いいえ