エラー 6: LabVIEW実行ファイルをビルドする際にエラーが発生する

更新しました Jan 30, 2019

使用製品

Software

  • LabVIEW Full
  • LabVIEW Base
  • LabVIEW Professional
  • LabVIEW 2017 Application Builder Module

Operating System

  • Windows

問題

LabVIEWアプリケーションビルダを使用してディストリビューション(アプリケーション(EXE)、共有ライブラリ(DLL)、ソース配布(LLB)、またはWebサービス)を作成しようとしています。ディストリビューションを作成すると、次のようなエラーが表示されます。

エラーコード 6がAB_Source_VI.lvclassで発生
考えられる理由: 一般的なファイルI/Oエラーです。


このエラーの原因は何ですか?また、解決するにはどうすればよいですか?

解決策

プロジェクト内のファイルパスがWindowsで許可されている255文字の制限を超えている場合¥、ディストリビューションをビルドすると、エラー6が発生します。エラーを解決するには、次の手順をおこないます。
  • C:\対象のソースファイルのような、より短いパスを使用します。
  • ファイルパスがCDやDVDドライブなどの誤ったドライブを指していないことを確認します。
  • アプリケーションまたは共有ライブラリをビルドする場合は、ビルド仕様のプロパティダイアログボックスにある上級カテゴリでLabVIEW 8.xのレイアウトを使用チェックボックスにチェックを入れます。
 
  • ソース配布またはWebサービスビルドの場合は、出力先カテゴリにある出力先タイプでディスク階層を保存チェックボックスからチェックを外します。

Windows OSにおける最大パス長の詳細については、Windowsデベロッパー センターページにあるFile Names, Paths, and Namespacesを参照してください。

この記事はお役に立ちましたか?

いいえ