GPIBデバイスに搭載されているメモリバッファ

更新しました Aug 12, 2019

使用製品

Hardware

  • PCI-GPIB
  • GPIB-USB
  • AT-GPIB/TNT
  • PCI-GPIB+
  • PCMCIA-GPIB+
  • PCMCIA-GPIB
  • PCI-8232
  • PXI-8232

問題

  • GPIBデバイスのオンボードメモリは揮発性ですか?
  • クリアするにはどうすればよいですか?
  • GPIBデバイスにはどのくらいのメモリがありますか?

解決策

GPIBデバイス名アセンブリ番号RAMFlashEEPROMGAL
プログラマブルロジック
GPIBチップ
AT-GPIB/TNT181830x-01----TNT4882C
AT-GPIB/TNT (PnP)183663x-01--256 x 8-TNT4882C
GPIB-120A181555x-01RAMなし、フリップフロップ---なし
GPIB-130181460-01512 x 8ビット FIFO-36 Kバイト-論理アレイ
GPIB-140A186104x-011Kbyte SRAM + 512 x 9ビットFIFO---FPGAに実装
GPIB-1014-EH180155x-51----NAT7210
GPIB-232CV-A181935K-01DRAM - 256K x 4---NAT4882
GPIB-485CT-A777146-01256 x 4 Kバイト-32 x 8 Kバイト-NAT4882
GPIB-ENET/100186852x-012 x 64 Mバイト SDRAM2 Mバイト-16V8TNT4882C
GPIB-ENET/1000196541x-012 x 512 Mビット
SDRAM
256 Mビット--TNT5004
GPIB-RS232779732-01512 Mバイト32 Mバイト--TNT5004
GPIB-USB-B188417x-0132 Kバイト-16バイト-TNT5004
GPIB-USB-HS187965x-0148 Kバイト-32 Kバイト-TNT5004
GPIB-VME187751x-01--8 Kバイト16V8TNT4882C
NI Express Card-GPIB192072x-0132K x 8 SRAM-32K x 8-TNT5004
PCI-GPIB183617x-01--8 Kバイト-TNT4882C
PCI-GPIB+183617x-024608バイト-8 Kバイト-TNT4882C
PCI-GPIB188513x-01--256バイト-TNT5004
PCI-GPIB+192125x-01-4Mビット--TNT5004
PCIe-GPIB190243x-01368バイト8 Kバイト128バイト-TNT5004
PCIe-GPIB198405x-01--128 x 8-TNT5004
PCIe-GPIB+190602x-01/-02-4Mビット--TNT5004
PCI-8232189761x-01--128バイト-TNT5004
PXI-8232189761x-01--2 x 1Kバイト-TNT5004
PXI-GPIB183923x-01--256 x 8-TNT5004
PCMCIA-GPIB186736x-01----TNT4882C-BT
PCMCIA-GPIB+182780x-012K x 18 FIFO---TNT4882C
PMC-GPIB184021x-01--128バイト-TNT5004


アセンブリ番号は、「ASSY」または「PART NO」を含むラベルがデバイス自体に貼られています。一般的に、ナショナルインスツルメンツ(NI)のGPIB製品では3種類のメモリが使用されています。
 

  • チップ — すべてのGPIBデバイスには、GPIB通信を実行するASIC(チップ)が含まれています。NI GPIBデバイス上の一般的なASICには、TNT4882C、TNT5004、NAT7210、およびNAT9914が搭載されています。これらすべてのチップには、GPIBを介して送受信されるバイトを保存するためのバッファと、コンピュータのバスとの通信用のレジスタがあります。これらのバッファは、チップ自体の内部にあり、これらすべてのメモリは電源を切るとクリアされます。 
     
  • RAM — 一部のデバイスでは外部RAMが使用されます。たとえば、GPIB-140A、GPIB-ENET/100、およびGPIB-USB-HSはすべて、インターフェースの実行中に外部RAMを使用してユーザデータを保存します。このメモリは通常、回路アセンブリ上の別個のチップです。このメモリは、電源を切るとクリアされます。
     
  • 不揮発性メモリ — 不揮発性メモリは、フラッシュ、EEPROM、またはGALプログラマブルロジックのいずれかに存在します。これは、ファームウェア、構成、イーサネットMACアドレス、およびシリアル番号に使用されます。このメモリは、電源が切られてもクリアされません。ただし、GPIBユーザデータは、標準操作中にこのメモリに書き込むことはできません。


上記のNI GPIBデバイスは、電源を切るとすべてのユーザデータを失います。唯一の例外は、ネットワークベースのユニット(GPIB-ENET/100やGPIB-ENET/1000など)は、電源をオフにしてもIPアドレスを保持することです。GPIB-ENETの詳細については、関連リンクを参照してください。

この記事はお役に立ちましたか?

いいえ