波形チャートの履歴を変更する

更新しました Aug 1, 2019

使用製品

Software

  • LabVIEW 8.0.1 Full

問題

  • 波形チャート履歴の長さはどのくらいですか?スカラとスカラ配列をプロットする際では、波形チャート履歴はどのように違うのですか?
  • 複数のデータチャンネルをプロットするときの波形チャート履歴は何を意味しますか?
  • 波形チャート履歴の長さよりもデータが多く表示されるのはなぜですか?

解決策

波形チャート履歴の長さはどのくらいですか? 

これは、チャンネル(またはプロット)ごとに、チャート履歴バッファに格納されているスカラ値または波形ポイント数です。このプロパティを変更するには、フロントパネルの波形チャートを右クリックして、チャート履歴の長さを選択します。チャート履歴バッファ内のデータ数を設定するダイアログが表示されて、変更が可能です。

 
 

スカラ値の波形チャート履歴

スカラ値またはスカラ値の1D配列が波形チャートに配線されている場合、チャート履歴の長さは、波形チャートが実行時に保存および表示するチャンネルごとのデータポイント数を示します。これは、下図に示す通り、同じデータに対して2つ別々の履歴長(10と200ポイント)が設定されています。

 
 

波形データタイプに対するの波形チャートの履歴

波形データタイプが波形チャートに配線されている場合、チャート履歴長は波形チャートが格納するチャンネルごとの波形ポイントの数を示します。違いは、1つの波形データポイントにy個のデータポイントの配列が含まれていることです。

たとえば、デフォルトでは、以下のグラフを作成するために使用される正弦波VIは、1つの波形ポイントに1000個のYデータポイント配列を持ちます。したがって、チャート履歴に10個の波形点を格納すると、グラフ上に10000個のデータが表示されます。これは、下図に示す通り、同じデータに対して2つの別々の履歴長(10と50の波形点)が選択されています。

 
 

複数チャンネルに対する波形チャート履歴(複数プロット)

波形チャート履歴の長さはチャンネルごとです。したがって、複数プロットの表示には影響しません。たとえば、チャート履歴の長さが10データポイントに設定されているとします。複数のデータチャンネルを表すスカラ値の2D配列をプロットすると、波形チャートには最初のスクリーンショットに示すように、各チャンネル(またはプロット)ごとに10個のデータポイントが保存されます。

 
 

波形チャート履歴の長さよりも波形チャートのデータをより多く見る

特定の状況では、波形チャートには、チャート履歴の長さよりも多くのデータが表示されます。これは、AutoScale Xが無効で、チャート履歴の長さの値よりも多くの点を含むX値の範囲を選択した場合に発生します。選択したX範囲を厳守するために、波形チャートは古いデータポイントをディスプレイから削除していません。ただし、波形チャートには、チャート履歴の長さで指定されたデータポイント数だけが保存されています。

下図は、正弦波と乱数を生成して、それらを上記で説明したさまざまな設定のグラフにプロットしています。
 

この記事はお役に立ちましたか?

いいえ