エラー -88302、-200486: LabVIEW、SignalExpress、およびMAXセルフテストでエラーが発生する

更新しました Sep 6, 2019

使用製品

Software

  • LabVIEW Full
  • LabVIEW Base
  • SignalExpress
  • Measurement and Automation Explorer (MAX)

Driver

  • NI-DAQmx

問題

DAQデバイスと通信しているときに、次のいずれかのエラーが表示されます。
 

エラーコード -88302がDAQアシスタントで発生
考えられる理由: 内部エラーが発生しました。

エラーコード -88302がdaqmxcfg_DAQmx Star Task.vi:4410001で発生
考えられる理由: 内部エラーが発生しました。

エラーコード -200486がDAQアシスタントで発生
考えられる理由: 指定したチャンネルはタスク内にありません。



 

次の場合にエラーが発生します。

  • LabVIEWでDAQmx関数を呼び出す
  • SignalExpressでDAQmx集録ステップを実行する
  • Measurement&Automation Explorer(MAX)でセルフテストを実行するか、テストパネルを開く

解決策

LabVIEWおよびMAX

LabVIEWまたはNI MAXの問題を解決するには、システムにインストールされている現在のDAQmxドライバを修復するか、サポートされている最新バージョンのDAQmxにアップグレードするか、NIソフトウェアを再インストールします。


 

SignalExpress

SignalExpressでは、この問題は上記のようにドライバを修復することによっても解決できます。ただし、これらのエラーはDAQmxデバイスが正しく参照されていない場合にも発生する可能性があります。その場合は、既存のDAQmx集録ステップの物理チャンネルを変更する必要があります。
 

SignalExpressで既存のDAQmx集録ステップの物理チャンネルを変更するには、設定タブのチャンネル設定セクションにある物理チャンネルを変更ボタンを押します。このボタンを押すと、システムに接続されている物理チャンネルのリストが表示されます。

 

追加情報

これらのエラーは、DAQmxドライバが破損しているために発生する可能性があります。SignalExpressを使用する場合、これらのエラーは正しく参照されていないDAQmxデバイスでも発生する可能性があります。これは、プロジェクトを実行しているコンピュータの物理チャンネルが矛盾しているプロジェクトを開いたときに発生する可能性があります。
 

メモ: DAQmxドライバを更新するときは、常に使用しているソフトウェアのバージョンと互換性があることを確認してください。

この記事はお役に立ちましたか?

いいえ