DAQアシスタントで複数チャンネルのアナログ出力を行う方法

更新しました Jan 9, 2019

使用製品

Driver

  • NI-DAQmx

その他

主なソフトウェア: LabVIEW開発システム>> LabVIEW Full Development System 7.0

問題

LabVIEWでDAQアシスタントを使用しています。1つのチャンネルでアナログ出力を使用すると、データ入力を正しく配線することができ、正常に動作します。2つの異なるチャンネルでアナログ出力を行いたい場合は、このデータ入力をどのように接続する必要がありますか?DAQアシスタントはどのように使用できますか?

解決策

DAQアシスタントのデータ入力端子に複数チャンネルを入力するには、配列連結追加関数を使用して、各行がチャンネルを表す2D配列を作成する必要があります。たとえば、次のスニペットは数値の2次元配列が数値制御器からどのように構築されるかを示しています。DAQアシスタントは、チャンネルごとにN個のサンプルを生成するように設定されています。入力配列のサイズは2 x 5であるため、各チャネルで5点のデータが生成されます。
 

DAQアシスタントのアナログ出力モード(ハードウェアへの参照を開き、データを生成して参照を閉じる)の性質上、これはデータの連続生成に最適な方法ではありません。この関数の実装に適した例については、ヘルプ>>サンプルを検索>>ハードウェア入力と出力>>DAQmx>>アナログ出力にあるサンプルプログラムを参照してください。

この記事はお役に立ちましたか?

いいえ