VISAエラー -1073807302: ストップビットを1.5に設定するとエラーが発生する

更新しました Jun 23, 2019

使用製品

Driver

  • NI-VISA

問題

VISAシリアルポート構成VIでデータビットを8、ストップビットを1.5に設定すると、エラー -1073807302が発生します。このエラーは、なぜ発生するのですか?

 

エラーコード-1073807302がVISA Configure Serial Port (Instr).vi->名称未設定 1.vi内のプロパティノード (arg 4)で発生

考えられる理由:
VISA: (Hex 0xBFFF003A) セットアップが無効 (属性が一貫性のない状態に設定された) ため操作を開始できません。

 

解決策

Windows OSでは、この構成をサポートしていません。Microsoft社によると、データのビット数は5~8ビットである必要があります。ストップビットを2としてデータビット5を設定すること、およびストップビット1.5でデータビットを6、7、または8として設定することは、無効な組み合わせです。したがって、データビット5に設定する場合は、ストップビットを1または1.5と設定することできます。他のデータビットオプション(6、7、または8)では、ストップビットを1または2にしか設定できません。

この記事はお役に立ちましたか?

いいえ