エラー -1073807300: VISAセクションを開くとエラーが発生する

更新しました Jul 14, 2019

使用製品

Software

  • LabVIEW Base
  • LabWindows/CVI Base

Driver

  • NI-VISA

その他

  • PIPX40 VISAドライバ

問題

NI-VISAを使用してVISAリソースと通信すると、VISAを開く関数でエラー -1073807300が発生します。
 

エラーコード-1073807300がVISAを開く関数発生

考えられる理由:
VISA: (Hex 0xBFFF003C) 必要なメモリの割り当てを実行する十分なシステムリソースがありません。

解決策

このエラーは通常、同じVISAリソースに対して多数のVISAセッションが開かれている場合に発生します。これを防ぐには、VISAを閉じる関数(LabVIEW)またはviClose()関数(テキスト言語)を使用して通信を終了したら、必ずVISAセッションを閉じるようにします。
 

以下のコードは、セッションを閉じるためにVISAを閉じる関数に配線する方法を示しています。この関数をLabVIEWコードの最後に追加します。


追加情報

LabVIEWで開いているVISAセッションのリストを取得する方法を利用して、LabVIEWで開いているすべてのVISAセッションを見ることができます。下図は、VISAセッションを閉じることに失敗すると、同じVISAリソースを使用して多くのセッションが開かれる可能性があることを示しています。



 


ただし、LabVIEWで生成されたハンドルを処理するサードパーティ製のドライバをアプリケーションで使用している場合は、このツールを使用しても検出されず検出されないため、サードパーティ製ドライバによって作成されたすべてのセッションを閉じる必要があります。
 

このエラーコードは、ドライバのインストールに問題がある場合にも発生する可能性があります。インストールの問題をトラブルシューティングする方法の詳細については、ハードウェアの取り付けに関する問題のトラブルシューティングを参照してください。たとえば、GPIBデバイスの場合は、NI-488.2ドライバがインストールされ動作していることを確認します。VXIデバイスとNI-VXIドライバについても同じことが言えます。

この記事はお役に立ちましたか?

いいえ