計測器I/Oアシスタントが正しくインストールされていないエラーが発生する

更新しました Nov 27, 2018

使用製品

Software

  • Measurement and Automation Explorer (MAX)
  • LabVIEW

Driver

  • NI-VISA
  • NI-488.2

問題

LabVIEWで計測器I/Oアシスタントを使用しようとすると、次のようなエラーが表示されます。

 

Measurement&Automation Explorerまたは計測器I/Oアシスタントが正しくインストールされていません。LabVIEWドライバCDからこれらをインストールしてください。

解決策

計測器I/OアシスタントはLabVIEWとともにインストールされますが、正しくインストールされていない場合は、上記のエラーメッセージが表示されることがあります。

計測器I/Oアシスタントを修復またはインストールするには、まずこれらのドライバがインストールされていることを確認します。

  • NI-VISA
  • NI-488.2 (GPIBを使用している場合にのみ必要です)

 

これらのドライバがインストールされたら、デバイスドライバのメディアから計測器I/Oアシスタントをアンインストールして再インストールする必要があります。デバイスドライバメディアがない場合は、NIのウェブサイトからダウンロードできます。詳細は、Uninstall or Repair National Instruments Software or Drivers in Windowsを参照してください。下記に示すように、ドライバをインストールする際、計測器I/Oアシスタントが選択されていることを確認します。
 


新しいバージョンのLabVIEWをインストールしたが、NI-VISAとNI-488.2の両方をまだ更新していない場合は、これらのドライバの新しいバージョンをダウンロードすることができ、インストールで必要なサポートが追加されます。

 

上記の手順で計測器I/Oアシスタントが修復されない場合は、次の手順を行います。

 

  1. NI-VISAとNI-488.2の両方を完全にアンインストールします。

     
  2. 依存する製品を削除します。


     
  3. NI-VISA、NI-488.2、および計測器I/Oアシスタントは、最新のデバイスドライバCDまたはインストールファイルから再インストールします。
  4. コンピュータを再起動します。

 

まだ上記のエラーメッセージが表示される場合は、以下を行います。

  1. Fix Corrupt or Non-Working NI Software with Force Reinstallを参照して、NI-VISAを強制的に再インストールします。
  2. すべてのNIソフトウェアをアンインストールし、すべての依存項目を強制的に再インストールします。

追加情報

計測器I/Oアシスタントの.msiファイルのみをインストールしないでください。これには、ドライバインストーラからインストールされる他のコンポーネントが必要です。

破損した計測器I/Oアシスタントの迅速かつ簡単な回避策は、VISAIVI、またはPlug & Playドライバを使用することです。

この記事はお役に立ちましたか?

いいえ