エラー -12: LabVIEWインストーラのビルド時またはLabVIEWのインストール時にSDKエラーが発生する

更新しました Jun 24, 2019

使用製品

Software

  • LabVIEW Base
  • LabVIEW Full
  • LabVIEW Professional
  • LabVIEW Application Builder Module

問題

インストーラをビルドするとき、またはLabVIEWをインストールするときに、次のエラーが表示されます。

Error: Windows SDK function returned an error. (Error code -12)
 

この問題を解決するにはどうすればよいですか?

解決策

このエラーが発生する可能性のある原因が3つあります。
  1. .NET Frameworkは、少なくとも.NET 3.0 Framework Service Pack(SP)2に更新する必要があります。このバージョンおよび他のバージョンの.NET Frameworkは、マイクロソフト社のWebサイトからダウンロードできます。 .NET Framework 3.5 SP 1は、外部リンク: Microsoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1より入手可能です。
     
  2. Kaspersky Internet Securityというセキュリティ対策ソフトウェアがLabVIEWをブロックしています。 LabVIEW.exeを例外として追加するか、Kaperskyを無効にすると、問題は解決するはずです。
     
  3. インストーラのビルド先がネットワークドライブ上に設定されています。インストーラのビルド先をローカルドライブまたはUSBメディアに変更します。

この問題は、Kaspersky社製ソフトウェアに関連する既知の問題ですが、他のウィルススキャンソフトウェアやコンピュータセキュリティソフトウェアがLabVIEWをブロックする可能性もあります。それでもエラーが発生する場合は、他のウイルス対策ソフトウェアやセキュリティソフトウェアをすべて無効にしてて、インストーラをもう一度ビルドしてみてください。

この記事はお役に立ちましたか?

いいえ