エラー 7: 計測ファイルに書き込むExpress VIを実行ファイルで実行するとエラーが発生する

更新しました Jan 29, 2019

使用製品

Driver

  • NI-DAQmx

問題

計測ファイルに書き込むExpress VIを使用する実行ファイル(EXE)を実行するとエラー7が発生するのはなぜですか?このVIは、LabVIEW開発環境では正常に実行され、ビルドプロセス中にエラーはありませんでした。
 

解決策

エラーが発生しないようにするには、次の2つのうちのいずれかを実行します。
  • 計測ファイルに書き込むExpress VIDAQmxタスク端子には何も配線しないようにします。
  • ビルド時に<labVIEW>\vi.lib\Platform\express \ex_EditUserDefinedProperties\ex_getDAQmxChannelPropertiesCore.viを含めます。

追加情報

DAQmxタスクを処理するex_getDAQmxChannelPropertiesCore.viへの入力があると動的に呼び出されるため、実行ファイルを実行するとエラー7が発生します。このVIがビルドに含まれていない場合、実行ファイルはそれを見つけられず、エラー7を返します。

この記事はお役に立ちましたか?

いいえ