エラーをトラブルシューティングするためにNI更新サービスのログを生成する

更新しました Jun 25, 2019

使用製品

Software

  • NI Update Service

Operating System

  • Windows

問題

NI更新サービスを介してアップデートをダウンロードしようとすると、エラーが表示されます。更新プロセス中に発生する可能性のあるエラーに関する詳細情報を入手するために、NI更新サービスのログファイルを作成するにはどうすればよいですか? 

解決策

コマンドラインからNI更新サービスを実行すると、ログ記録を有効にできます。これにより、ナショナルインスツルメンツ(NI)がNI更新サービスの動作をデバッグするために使用できるログファイルが生成されます。NI更新サービスのどのバージョンでもコマンドラインから実行できますが、-logフラグ付きのログファイルを生成できるのはNI更新サービス 2.1以降のみです。
 

NIUpdateService.exeの場所は、オペレーティングシステムやインストールによって異なりますが、通常、以下のディレクトリにインストールされています。
 

32ビットのWindowsの場合、C:\Program Files\National Instruments\Shared\Update Service
64ビットのWindowsの場合、C:\Program Files (x86)\National Instruments\Shared\Update Service
 

ロギングを有効にするには、コマンドラインから-logフラグを使用し、その後にファイルを生成するための有効なパスを指定します。 有効なパスは、ユーザが書き込み権限のあるパスです。指定したパスに対する書き込み権限がユーザにない場合、ログファイルは生成されません。
 

例:

 

>NIUpdateService.exe -log C:\Users\nitest\Desktop\log.txt
 

追加情報

ファイルパスにスペースが含まれる場合は、引用符を使用しない限りコマンドラインで入力パラメータがスペースで区切られるため、パス全体を囲む引用符("")を含める必要があります。

例:
"C:\Program Files\....\log.txt"

この記事はお役に立ちましたか?

いいえ