NI LabWindows™/CVI™ 2009でグラフ制御器を複製または印刷するとメモリが破損することがある

更新しました Nov 17, 2018

使用製品

Software

  • LabWindows/CVI Base
  • LabWindows/CVI Full

問題

LabWindows™/CVI™ 2009では、プロットを含むグラフ制御器をプログラムで複製または印刷すると、メモリが破損され、最終的にプログラムがクラッシュするします。この問題を解決するにはどうすればよいですか?

解決策

この問題は、LabWindows/CVIランタイムエンジン(cvirte.dll)のバージョンが9.1.0.427のユーザに影響します。この問題は、プロットのあるグラフを含むパネルを印刷または複製する関数、またはプロットのあるグラフ制御器を印刷または複製する関数によって発生します。プロットのあるグラフと組み合わせて使用すると、この問題を引き起こす可能性のある他の関数は次のとおりです。
  • GetScaledPanelDisplayBitmap
  • GetScaledCtrlDisplayBitmap
  • CopyTabPage
  • InsertPanelAsTabPage
この問題は、LabWindows/CVI 2009ランタイムエンジンのパッチバージョンをインストールすることで解決できます。このパッチは、こちらからLabWindows/CVIランタイムエンジンをアップデートして、この問題の修正を追加します。

追加情報

メモ: ナショナルインスツルメンツのソフトウェアをインストールする際には、製品通知の欄にこのパッチに関するメッセージが表示される場合があります。インストールするコンポーネントのいずれかがLabWindows/CVI 2009ランタイムエンジンに依存する場合、以下のメッセージが表示されます。たとえば、NI Developer Suiteと共にインストールされたLabWindows/CVI Execution Profiler 1.0などがあります。




メモ: LabWindows/CVIバージョン2010以降をインストールしている場合は、このメッセージを無視しても問題ありません。 バージョン2009のランタイムエンジンで構築されたコンポーネントは、それ以降のバージョンのランタイムエンジンで実行できます。このパッチは、パッチの後にリリースされたランタイムエンジンの全バージョンに含まれています。

この記事はお役に立ちましたか?

いいえ