プログラム的にフロントパネルにあるオブジェクトの色を変更する

更新しました Nov 20, 2018

使用製品

Software

  • LabVIEW Base
  • LabVIEW Full
  • LabVIEW Professional

問題

  • LabVIEW環境でオブジェクトのカラー値を変更するにはどうすればよいですか?
  • プロパティノードで制御器や数値を使用して色をプログラム的に割り当てる方法はありますか?

解決策

色を選択する

プログラムで色を設定するには、次の3つの方法で色値を選択します。
 
  • ブロックダイアグラムに、関数>>プログラミング>>ダイアログ&ユーザインタフェースパレットにあるカラーボックス定数を配置することができます。



    この定数は、VIの実行中にフロントパネルオブジェクトの色を変更するために使用できますが、実行中にユーザが色の選択を行い、変更することはできません。 

    メモ: LabVIEW 8.0以前では、この定数は関数>>数値>>追加の数値定数パレットにあります。
 
  • 制御器>>数値パレットにあるフレーム付きカラーボックスをフロントパネルに配置することができます。この制御器を使用して、VIが実行されている間にカラー値を選択できます。

 
  • 数値を割り当てて色を表すことができます。
    色を表す数値を割り当てるには、次の手順を行います。
    1. 制御器>>数値パレットにある数値制御器をフロントパネルに配置します。または、関数>>数値パレットにある数値定数をブロックダイアグラムに配置することもできます。
    2. 上記のオプションと同様に、実行中に数値定数を変更することはできませんが、数値制御器では変更することはできます。
     
    • 制御器または定数の表記法をU32(符号なし32ビット整数)に変更します。制御器を右クリックし、ショートカットメニューから表記法>>U32を選択します(下図を参照)。

     
    • 制御器または定数の基数を表示します。制御器または定数を右クリックし、ショートカットメニューから表示項目>>基数を選択します。
    • 基数を16進数に設定します。 操作ツールを使用して、コントロールまたは定数内の小さな「d」をクリックし、次の図に示すように16進数をクリックします。

     
    • RRGGBBの形式で色の16進値を入力します。たとえば、FF0000の値は赤色を表し、00FF00の値は緑色を表し、0000FFの値は青色を表します。下記の関連リンクのセクションにある外部リンクは、より多くの色の値を参照することができます。
       



    プログラム的に色を変更する

    色の値を選択するための制御器または定数を作成したら、次の手順を行い、この色をプロパティノードに接続してフロントパネルオブジェクトの色を設定できます。 
    1. プログラム的に色を変更したいフロントパネルオブジェクトを右クリックし、作成>>プロパティノードをクリックします。
    2. 変更するカラー設定のプロパティを選択します。
    3. プロパティノードをブロックダイアグラムに配置し、入力を以前に作成したカラー制御器または定数に配線します。
    下図は、文字列制御器の背景色をプログラム的に変更するために使用できるさまざまな方法を示しています。
    • カラーボックス定数:
    • カラーボックス制御器:
    • 数値制御器:

    この記事はお役に立ちましたか?

    いいえ