エラー -1073807346: TestStandでVISAリソースにアクセスするとエラーが発生する

更新しました Jul 15, 2019

使用製品

Software

  • TestStand

Driver

  • NI-VISA

問題

計測器へのVISA呼び出しを行うコードモジュールを含むTestStandシーケンスがあります。シーケンスを実行すると、次のエラーメッセージが表示されます。
 

Error -1073807346 occurred...
VISA: (Hex 0xBFFF000E) The resource is valid, but VISA cannot currently access it.

解決策

ステップ間でリファレンスセッションを正しく通過したことを確認する必要があります。これを行うには、方法1または2のいずれかを使用します。
 

  1. VISA Resources Name Outパラメータを使用します。

     
  2. VISA Resource Name Out値に適切なローカル変数を作成します。Localsタブに移動して右クリックし、Insert Local>>Types>>LabVIEW>>LabVIEWIOControlを選択します(必要に応じてLocalsParametersに置き換えます)。

追加情報

このエラーは、VISAリソース名の下にあるSession Numberとして0以外の値を渡すと発生する可能性があります。


VISAセッションは、VISAリソースへの通信経路です。リファレンスは、それが作成されたプロセスでのみ有効です。たとえば、LabVIEW開発システムで作成されたリソースセッション番号を使用しても、LabVIEWメモリスペース内からのみアクセスできます。TestStandやLabWindows™/CVI™などの他のソフトウェアプロセスは、LabVIEWメモリスペースで生成されたセッション番号を認識しません。したがって、TestStandでは、VISAリソースセッション番号として0の値を渡すようにします。

この記事はお役に立ちましたか?

いいえ