サードパーティのVISAソフトウェアをインストールした後にNI-VISAが動作しなくなる

更新しました Nov 30, 2018

使用製品

Software

  • Measurement & Automation Explorer (MAX)

Driver

  • NI-VISA

Operating System

  • Windows

問題

以前システムにNI-VISAをインストールしており、32ビットNI MAX、LabVIEW、またはその他の開発環境で自分の計測器を識別して正常に通信できていました。その後、TekVISAやKeysight VISAなど、別のVISAのベンダーバージョンをインストールしました。これにより、COMポートやVISA機器を識別したり、通信したりすることができなくなりました。なぜこの問題が発生するのですか?どうすれば解決できますか?

NI-MAXに次のようなエラーが表示されることがあります。

MAXは、このコンピュータでVISAリソースを作成できません。

解決策

1台のシステム上で一度に1つの32ビットVISA実装のみプライマリとして構成できます。このプライマリVISAは、システムのコアVISAライブラリとして機能します。上記の場合、NI-VISAは最初にプライマリとしてインストールされ、2番目のVISA実装がインストールされると、NI-VISAはセカンダリに変更されます。適切なNI-VISAソフトウェアを再インストールすると、適切な実装シナリオがリセットされます。NI-VISAの再インストールが成功しなかった場合は、次の手順に従ってNI-VISAをプライマリとしてリセットすることができます。


プライマリのVISA実装を確認する
まず、以下の手順に従って、NI-VISAが現在システムにプライマリとしてインストールされていないことを確認します。
  1. お使いのOSのビット数に基づいて適切なディレクトリに移動し、visa32.dllを探します。
    • 32ビットシステム: C:\WINDOWS\system32
    • 64ビットシステム: C:\WINDOWS\sysWOW64
  2. visa32.dllを右クリックして、プロパティを選択します。
  3. 著作権情報を確認します。
  • Windows Vista/7/8/10の場合: 詳細タブに移動します。

 
  • Windows XPの場合: バージョンタブに移動します。

 


著作権情報にNational Instrumentsと記載されている場合、NI-VISAがシステム上のプライマリVISAに設定されています。別の会社が記載されている場合は、以下の手順に従ってNI-VISAをプライマリにします。


プライマリとしてNI-VISAを設定する

  1. OSのビット数に基づいて適切なディレクトリに移動し、visa32.dllを探します。
    • 32ビットシステム: C:\WINDOWS\system32
    • 64ビットシステム: C:\WINDOWS\sysWOW64
  2. visa32.dllの名前をvisa32.dll.bakなどの別の名前に変更します。
  3. How Do I Uninstall or Repair National Instruments Software?の手順を行い再インストールすることで、NI-VISAランタイムを修復します
  4. コンピュータを再起動します。

追加情報

手順2でvisa32.dllの名前を変更する必要があるのは、NI-VISAのインストールを修復しても自動的にこのファイルを上書きしないためです。このファイルは、新しいバージョンのvisa32.dllがインストールされようとしている場合にのみ上書きされます。これは、以前にインストールされたソフトウェアを修復する場合とは異なります。


メモ: いくつかの32ビット版VISA実装には、セカンダリとしてインストールできるものがあり、32ビット版のNI-VISAと並行してインストールすることができます。詳細については、下記の関連リンクを参照するか、製造元にお問い合わせください。

メモ: プライマリおよびセカンダリVISAの指定は、32ビット版のVISA実装にのみ適用されます。複数の64ビット版のVISA実装は、この問題に関係なくシステムにインストールできます。

この記事はお役に立ちましたか?

いいえ