Info Code Maxvisatimeouterror記載されたMaxタイムアウトエラーが発生する際に何をすればよいですか?

更新しました Nov 17, 2018

使用製品

Software

  • Measurement and Automation Explorer (MAX)

問題

Measurement&Automation Explorer(MAX)でデバイスとインタフェースを展開したり、他のオプションを選択したりすると、次のメッセージでMAXタイムアウトエラーが発生します。

ドライバを待機中に、MAXがタイムアウトしました。

メッセージには、Info code MAXVISATimeoutErrorも含まれています。どうすれば解決できますか?

解決策

この問題を解決する方法はいくつかあります。
 
  • すべてのネットワークVISAデバイス(TCP/IPリソースなど)が接続され、実行されていることを確認します。VISAはすべてのネットワークVISAデバイスと通信しようとしますが、この通信が特定のデバイスでタイムアウトするにはしばらく時間がかかることがあります。切断されたデバイスが複数ある場合、これらのタイムアウトが加算され、MAXがタイムアウトする可能性があります。
     
  • ネットワークVISAデバイスに加えて、リモートシステム上のリソースを自動的に検索するようにVISAを設定すると、リモートシステムがオフラインの場合にVISAがタイムアウトする可能性があります。VISAが自動的に検索するように設定されているシステムを確認するには、MAXでツール>>NI-VISA>>VISAオプションに移動します。一般設定>>リモートツリー項目を選択します。オフラインのリモートシステムとVISAリソースが不要なシステムのチェックを外します。


 
  • ​GPIB-VXIデバイスを使用していない場合は、VISA GPIB-VXIパスポートを無効にしてみてください。MAXでツール>>NI-VISA>>VISAオプションに移動します。パスポートを選択し、NiViGpvx.dllの選択を解除します。
     


 
  • MAX構成データベースが壊れている可能性があります。 MAX 5.0以降を使用している場合は、ツール>>構成データのリセットに移動して修正することができます。これにより、MAXで保存したタスクや仮想チャンネルなどが削除されることに注意してください。MAX 5.0よりも古いバージョンの場合は、How to Fix or Reset the NI MAX Database Fileを参照してください。
.上記の手順で問題が解決されない場合は、最後の手段として以下を試してください。
  • visaconf.iniには、さまざまなVISA設定、リソース、エイリアス情報が格納されています。このファイルをリセットすると、タイムアウトの原因となる構成設定が削除されることがあります。Windows XPでは、このファイルは<Documents and Settings\All Users\Application Data>\National Instruments\NIvisaにあります。Windows Vista以降では、このファイルは<ProgramData>\National Instruments\NIvisaにあります。

    MAXを閉じ、このファイルの名前をvisaconf.ini.bakに変更して、既存の構成をバックアップします。MAXを再起動して、デバイスとインタフェースを展開します。これにより、visaconf.iniが再作成されます。.iniファイルを再作成しても問題が解決しない場合は、バックアップvisaconf.iniを使用して元に戻すことができます。

この記事はお役に立ちましたか?

いいえ