LabVIEWでプログラム的に制御器または表示器のラベルを変更する

更新しました Nov 21, 2018

使用製品

Software

  • LabVIEW Full

問題

フロントパネルに制御器があり、実行時にラベルを変更したいです。制御器のプロパティノードを作成し、Label.Textを選択して新しい文字列を配線しました。しかし、VIを実行すると次のエラーが表示されます。

<VI Name>のプロパティノード(arg 1)でエラー1073が発生しました。

なぜラベルの値を変更できないのですか?
 

解決策

LabVIEWでは、実行時に所有ラベルの値を変更することはできません。所有ラベルは、制御器または表示器に属するラベルであり、プロパティノードのラベル項目です。この項目は、実行時に制御器/表示器の識別子として使用されるため、開発中にのみ変更できます。プロパティノードを使用して所有ラベルを変更しようとすると、エラー1073が発生します。

制御器/表示器の「ラベル」を変更する簡単な方法は、ラベルの代わりに制御器/表示器を識別するためにキャプションを使用することです。実行時と開発時の両方でキャプションを変更できます。ラベルの代わりにキャプションを識別子として使用するには、3つのプロパティノードを使用してキャプションを表示し、ラベルを非表示にしてキャプションのテキストを変更します。これを行うために使用するプロパティノードは、それぞれCaption.VisibleLabel.VisibleおよびCaption.Textです。


VIが実行されていないとき、プログラム的に別のVIからLabel.Textプロパティに書き込むことは可能です。この例については、Changing Label Text of Control in Another VIを参照してください。

追加情報

フロントパネルにある制御器または表示器のキャプションプロパティを設定するには、まず、フロントパネルの項目を右クリックし、表示項目>>キャプションを選択してキャプションを作成する必要があります。Caption.VisibleプロパティとCaption.Textプロパティを設定または取得する前にこれを行わないと、次のエラーが発生します。

エラー 1320: 実行モードでは、LabVIEWは作成されていない制御器の部分に対してプロパティを取得または設定することはできません。

この記事はお役に立ちましたか?

いいえ