復帰文字、改行文字、および行末文字の違い

更新しました Nov 16, 2018

使用製品

Software

  • LabVIEW Professional
  • LabVIEW Base
  • LabVIEW Full

問題

LabVIEWの文字列では、復帰文字、改行文字、または行末文字の動作はすべて同じように見えます。これらの3つの文字の違いは何ですか?



解決策

これらの3つの文字は、ASCII表記ではすべて行末を示します。LabVIEWの文字列においては、これらはすべて行末文字として同じように動作するように見えますが、オペレーティングシステムレベルではそれぞれ別のものとして扱われています。


 復帰(Carriage Return: CR)文字(0x0D、\r)は、改行せずにカーソルを行頭へ戻します。 この文字は、コモドールおよび初期のMacintoshオペレーティングシステム(OS9以前)で改行文字として使用されています。

 改行(Line Feed: LF)文字(0x0A、\n)は、行頭に戻さずにカーソルを次の行に移動します。この文字は、UNIXベースのオペレーティングシステム(Linux、Mac OSXなど)で改行文字として使用されています。

 行末文字(End of Line: EOL)文字(0x0D0A、\r\n)は、2つのASCII文字であり、CR文字とLF文字を組み合わせたものです。 これは、カーソルを次の行の先頭に移動します。 この文字は、Microsoft WindowsやSymbian OSなどを含む、Unixをベースとしないオペレーティングシステムで改行文字として使用されています。

この記事はお役に立ちましたか?

いいえ