LabVIEW 32ビット版または64ビット版用のVision Development Moduleをインストールする方法

更新しました Nov 27, 2019

使用製品

ソフトウェア

  • Vision Development Module
  • LabVIEW

問題

  • LabVIEW 32ビット版またはLabVIEW 64ビット版用のVision Development Module(VDM)サポートをインストールしたいです。これを行うにはどうすればよいですか?
  • LabVIEW 32ビット版ではVDM VIにアクセスできますが、LabVIEW 64ビット版のパレットにはありません。 LabVIEW 64ビット版でそれらを表示するにはどうすればよいですか?

解決策

VDMインストーラは、コンピュータにインストールされているLabVIEWのバージョンを自動的に検出してから、そのバージョンに適切なサポートをインストールします。たとえば、LabVIEW 64ビット版を使用している場合は、64ビットのVDMサポートがインストールされます。LabVIEW 32ビット版を使用している場合は、32ビットのVDMサポートがインストールされます。
 

コンピュータ内にLabVIEW 32ビット版と64ビット版の両方がインストールされている場合、両方のサポートをインストールすることができます。任意のビット版のみをインストールするには、インストーラの機能画面にあるツリーでインストールしたいバーション名の左側にあるアイコンを右クリックして、この機能をローカルドライブにインストールを選択します。


たとえば、下図はVDM 2013 SP1のインストーラ画面です。LabVIEW 2013 SP1 32ビット版と64ビット版の両方がインストールされているように設定されています。


 

下図は、複数バージョンのLabVIEWがインストールされている場合です。