USB 2.0(DirectShow)カメラのインストールに関する問題のトラブルシューティング

更新しました Dec 27, 2018

使用製品

Software

  • Measurement & Automation Explorer (MAX)

Driver

  • Vision Acquisition Software

問題

USB 2.0や他のDirectShowカメラとのインストールや通信に問題があります。

解決策

USB 2.0デバイスや他のDirectShowカメラをインストールする際の一般的な問題は、Measurement&Automation Explorer(MAX)またはデバイス マネージャーでデバイスが認識されないか、カメラから収集できないことです。これらのタイプの問題などは、多くの場合3つの根本的な原因に起因します。
  • ソフトウェアの互換性
  • ハードウェアの互換性
  • ハードウェア破損
メモ: ナショナルインスツルメンツ(NI)のソフトウェアとハードウェアをインストールするには、管理者としてログインするか、Windowsで管理者権限がある必要があります。


 

ソフトウェア互換性

  • 準拠カメラ — USB 2.0カメラは、NI-IMAQdxまたはNI-IMAQ for USB Camerasで動作するDirectShow仕様に準拠している必要があります。IMAQdxドライバがアクセスするには、DirectShowのプログラム用APIを使用して属性を使用する必要があります。DirectShowのプログラム用APIですべての属性を使用できるわけではない場合、使用可能な属性のみがNI-IMAQdxでアクセスできます。
     
  • ドライバインストール — カメラドライバを使用すると、NIソフトウェアとカメラとのインタフェースが可能になります。
    • 製造元のデバイスドライバをインストールする必要があります。NI USB 2.0デバイス用ドライバは、製造元のデバイスドライバのDirectShowインターフェイスを使用してデバイスと通信します。
    • LabVIEW 8.2以降では、NI-IMAQdxドライバの最新バージョンがインストールされ、有効になっていることを確認します。USB 2.0デバイスは、IMAQdx 3.4以降でサポートされています。ソフトウェアライセンスを購入するには、画像入力ソフトウェアの製品ページを参照してください。 また、このドライバの評価版をダウンロードするには、Vision Acquisition Softwareダウンロードを参照してください。
    • LabVIEW 7.0からLabVIEW 8.0では、NI-IMAQ for USB Camerasをダウンロードしてインストールしていることを確認します。NI-IMAQ for USB Camerasサンプルプログラムページよりダウンロードできます。
    • LabVIEW 6.2以前では、USB 2.0カメラはサポートされていません。
    • オペレーティングシステムがドライバによってサポートされていることを確認します。
    • ドライバがコンピュータのアンチウィルスソフトウェアおよびファイアウォールを介して許可されていることを確認します。
  • Windowsデバイス マネージャー — Windowsデバイス マネージャーは、オペレーティングシステムによって認識されるすべてのハードウェアを表示します。
    • USB 2.0デバイスがWindowsのデバイス マネージャーに表示されない場合は、ドライバによって表示されません。
      1. 使用しているカメラが、ユニバーサルシリアルバスコントローラのカテゴリにリストされている必要があります。メーカーの名前であるか、「USB Composite Device」のようにリストされている可能性があります。
         
      2. スタート>>コントロール パネル>>システム>>ハードウェアタブ>>デバイス マネージャーを選択して、デバイス マネージャーを起動します。
    • ユニバーサルシリアルバスコントローラのデバイスマネージャにデバイスが表示されない場合は、製造元のデバイスドライバがインストールされていることを確認します。「その他のデバイス」の下に、デバイスドライバがインストールされていないことを示す感嘆符が表示されることがあります。
    • カメラが断続的に表示される場合は、オペレーティングシステム用の最新のサービスパックがインストールされているか、最新のオペレーティングシステムにアップグレードされていることを確認します。また、以下のように電源要件が満たされていることを確認します。
       
  • MAX (Measurement & Automation Explorer)
    • 製造元のドライバがカメラに関連付けられていることを確認します。
      1. MAXを起動する、または表示>>更新(F5)を選択します。
      2. デバイスとインタフェースを展開して使用しているカメラを探します。
      3. IMAQdxを使用している場合、デバイスはNI-IMAQdxデバイスの下に表示されます。 NI-IMAQ for USB Camerasを使用している場合、カメラはMAXに表示されません。
    • LabVIEWまたはVision Builderで画像を収集できますがMAXで表示できない場合、最も一般的な理由はMAXデータベースの破損によるものです。破損したデータベースを修正するには、次のコマンドを使用して構成ファイルを再生成します。コマンドプロンプトからこのコマンドを実行する必要があります。コマンドを実行する際は、MAXが終了していることを確認します。
      1. スタート>>名前を指定して実行...を選択します。
      2. cmdと入力します。
      3. cd <ルートディレクトリ>\Program Files\National Instruments\MAXを入力してMAXディレクトリに移動します。
      4. mxsr.exe -uconfig.mxsと入力してEnterを押します。

         
  • テストにサードパーティ製ソフトウェアを使用する — MicrosoftのAMCapのようなDirectShowとのインタフェースを持つサードパーティ製アプリケーションがあります。 AMCapは低レベルのアプリケーションであり、多くの特別な変数を必要とせずにテストすることができます。サンプルのAMCapアプリケーションは、Windows SDKと共にインストールされます。しかし、AMCapはカスタムユーザーインターフェイスをホストすることができます。これが属性へのアクセス方法である場合、機能はIMAQdxで利用できない場合があります。
 

ハードウェア互換性

  • 電源要件
    • カメラがコンピュータのUSBポートに接続され、電源が入っていることを確認します。一部のUSB 2.0カメラにはLED電源インジケータがあります。
      1. 同じハブ上の複数カメラ — ハブには複数のポートがあります。1つのハブにカメラが多すぎる場合は、独自の電源を備えた外部USBハブを使用できます。
      2. ケーブルが長すぎる — ケーブルが長すぎると、付属の電源または信号がカメラに達する前に減衰する可能性があります。
         
  • 別のスロット/ポート、コンピュータまたはデバイスを試す — 以下の手順では、ハードウェアの互換性と破損をテストするという2つの目的があります。すべてが必要なわけではありません。
    • 別のポートにカメラを取り付けます。
    • 別のコンピュータ(使用可能な場合)にカメラを取り付け、正しく取り付けられていることを確認します。
    • 重複したカメラがある場合は、問題の発生するコンピュータでテストします。
       
  • Firmware
    • カメラのファームウェアが古くなっている可能性があります。
 

ハードウェア破損

  • 上記の手順で問題がカメラまたはインタフェースデバイスに絞り込めた場合、それが破損している可能性があります。カメラやインタフェースデバイスの製造元に連絡して、修理や交換のためのオプションを確認します。

この記事はお役に立ちましたか?

いいえ