NI-XNETでLINチェックサム値を読み取る

更新しました Jul 18, 2019

使用製品

Driver

  • NI-XNET

Operating System

  • Windows

問題

LabVIEWのLINフレームごとのLINチェックサム値を読みたいのですが、NI-XNETを使用して可能ですか?

解決策

NI-XNET 17.5以降では、LabVIEWでLINチェックサム値を読み取ることができます。ただし、 XNET Frame Input Sessionのみに使用できます。

LINチェックサム値を読み取るには、初めにXNET Session Inteface:LIN:Checksum to Input Stream をTRUEに設定します。

その後、チェックサム値はLINフレームのイベントIDに表示されます。
 

追加情報

  • NI-XNETがLINフレームを受信すると、標準チェックサムと拡張チェックサムを計算します。受信したチェックサムがどちらかに等しい場合、フレームは有効と見なされ、LINデータとして書き込まれます。受信したチェックサムがどちらにも等しくない場合、LINバスエラーフレームを書き込みます。

この記事はお役に立ちましたか?

いいえ