エラー 0xBFF6001F: カメラの接続でエラーが発生する

更新しました Apr 22, 2019

使用製品

Hardware

  • PCIe-1427
  • Camera
  • PCI-1428

Software

  • Measurement & Automation Explorer (MAX)

Driver

  • NI-IMAQ

問題

Camera Linkカメラで画像を収集するために、PCIeフレームグラバデバイスを使用しています。NI Measurement & Automation Explorer(MAX)で画像を取り込もうとすると、次のエラーメッセージが表示されます。
 

Error 0xBFF6001F: Cannot detect recognizable video source. 


このエラーを解決するにはどうすればよいですか?

解決策

このエラーは通常、フレームグラバがカメラから情報を受信していないことを意味します。これはさまざまな理由で発生する可能性があります。トラブルシューティング手順の一覧を以下に示します。

 
  1. カメラの電源を確認します。
  • 十分な電力が供給されていますか?
  • 他の電源を試すことはできますか?
     
  1. カメラをフレームグラバに接続しているケーブルを確認します。
  • 試すことができる別のビデオケーブルはありますか?
     
  1. テレビやディスプレイなどににカメラを接続してみます。これはカメラが有効なビデオ信号を生成していることを確認します。
  • カメラの背面にあるディップスイッチをチェックして、カメラが正しく構成されていることを確認します。
     
  1. オシロスコープをお持ちの場合は、アナログラインを調べて、各ラインの開始と終了を示す正しい水平シンク(HSYNC)信号を送信していることを確認します。この信号が存在しない場合、フレームグラバはカメラからのビデオフレームを結合することができません。アナログ信号の成分を識別する方法の詳細については、ビデオ​信号​計測・​生成​の​基本を参照してください。
     
  2. NI-IMAQデバイスドライバの最新版にアップデートします。
     
  3. 正しいカメラファイルを使用していることを確認してください。
  • たとえば、PCI-1407のデフォルトモードはRS-170です。CCIRカメラを使用している場合は、これを反映するようにMAXのフレームグラバ設定を必ず変更します。
     
  1. カメラファイルの名前がcamera_model.icdの形式に従っていることを確認します。
  • フレームグラバはスペースを認識しません、スペースがある場合はアンダースコアに置き換える必要があります。
     
  1. カメラファイルが破損している可能性があります。 ドライバを再インストールするとこれが解決します。
     
  2. 他のサードパーティ製ソフトウェアがインストールされていないこと、およびフレームグラバにアクセスしようとしていることを確認します。
     
  3. 上記の手順で問題が解決できない場合は、別のPCでフレームグラバを試します。これにより、問題の原因としてコンピュータであるかを確認します。

この記事はお役に立ちましたか?

いいえ