DIAdemを使用してTDMおよびTDMS以外のファイル形式でファイルを保存する

更新しました Jun 18, 2019

使用製品

Software

  • DIAdem

問題

LabVIEWがインストールされてなく、TDM Import Excel Add-Inユーティリティを利用していないユーザとデータを共有したいです。DIAdemでTDMまたはTDMSではないファイル形式で保存するにはどうすればよいですか?

解決策

  1. 保存したいファイル形式を使用するデータプラグインをデータプラグインダウンロードページで見つけます。
    • データプラグインが存在しない場合は、作成をNIに依頼できます。
    • データプラグインに読み取りと書き込みの両方にアクセスがあることを確認します。多くのデータプラグインはDIAdemにデータをインポートするために読み取り専用で、他のファイル形式にデータをエクスポートするために使用することはできません。
       
  2. データプラグインをダウンロードします。
    • 拡張子が.exeのインストーラは、自動的にダウンロードしてインストールする自己解凍型インストーラです。exeファイルを実行してインストールします。
    • 拡張子が.uriのファイルである場合は、.uriファイルをダブルクリックしてデータプラグインを登録します。詳細については、Installing a VBScript DataPluginを参照してください。
       
  3. DIAdemを起動します。DIAdem 2017以降でNAVIGATORまたはのData Portalの上部にある内部データを削除ボタンをクリックしてData Portalにあるデータを消去します。


     
     
  4. Data Portalに変換したいデータをロードします。
     
  5. TDMファイルを別名で保存をクリックします。



     
  6. データプラグインに読み取り/書き込みアクセス権がある場合は、ファイルの種類で希望するファイル形式のオプションが表示されます。

追加情報

DataFileSave()関数を使用してこのプロセスをスクリプト化することができます。FileExportFilterパラメータを確認するには、スクリプトの記録モードを使用して上記の手順でファイルを保存します。これにより、正しいFileExportFilter変数がスクリプトに記載されるため、DataFileSave()関数の利用が容易になります。

この記事はお役に立ちましたか?

いいえ