C#またはVB. NETを使用してVISAおよびGPIBアプリケーション開発をする

更新しました Jan 8, 2019

使用製品

Driver

  • NI-VISA
  • NI-488.2

問題

.NET言語(C#またはVB. NET)を使用してVISAまたはGPIBのアプリケーションを開発しようとしています。 どうすれば良いですか?

解決策

ナショナルインスツルメンツでは、C#やVB. NETで開発するためにNI-488.2やNI-VISAドライバのネイティブ.NETインターフェースを提供しています。ドライバソフトウェアには、C#またはVB. NETでVISAおよびGPIBを使用するためのドキュメントやサンプルも含まれています。

この機能をサポートするには、ドライバインストールオプションツリーでこのオプションを確認してください。下記のVISAおよびGPIBドライバインストーラのスクリーンショットで、VISAおよびGPIBドライバインストーラのオプション構造図を見ることができます。
これらは各ハードウェアドライバインストーラによってインストールされます。ドライバをインストールする際に、これらをサポートするようにオプションの選択を有効にする必要があります。以下のスクリーンショットはVISAおよびGPIBドライバの機能ツリーオプションです。
 

図1. NI-488.2ドライバのインストール画面


図2. NI-VISAドライバのインストール画面

追加情報

インストーラは、488.2とVISAのクラスライブラリのドキュメントをMSDNヘルプの中にインストールします。Visual Studio .NETでのヘルプメニューより、NI-488.2およびNI-VISA .NET API関数リファレンスを参照します。.NET frameworkクラスライブラリヘルプも同様です。

.NETプロジェクトでGPIBもしくはVISA APIを使用するには、最初に適切な参照をプロジェクトに追加する必要があります。プロジェクトに参照を追加するには、ソリューションエクスプローラでプロジェクトを選択し、プロジェクト>>参照の追加...からGPIBおよびVISA APIの参照を選択します。
  • 488.2 (GPIB) API参照: National Instruments 488.2
  • VISA API参照: National Instruments VisaNS
デフォルトのインストールディレクトリは次のとおりです。
  • C:\Program Files\National Instruments\MeasurementStudioVS2003\DotNET\Examples\GPIB
  • C:\Program Files\National Instruments\MeasurementStudioVS2003\DotNET\Examples\VISA
サンプルの保存場所は、NI-DAQmx, NI-VISA and NI-488.2 .NET Example Locationsを参照してください。

この記事はお役に立ちましたか?

いいえ