NI-SCOPE使用時に指定したサンプルレートによって実際のレコード長が変わる

更新しました Jul 4, 2019

使用製品

Hardware

  • PXIe-5162

Driver

  • NI-SCOPE

問題

NI-SCOPEソフトフロントパネルで、収集するサンプルレートを変更すると、実際のレコード長も変わることに気付きました。
これは、収集において実際のサンプルレートが一定の場合でも発生します。実際のレコード長は、指定したサンプルレートに依存するのはなぜですか?

解決策

NI-SCOPEドライバが実際のレコード長を算出する方法は、IVI規格によって定義されています。IVIは、収集における1レコードあたりの時間は一定のままでなければならないと定義しています。NI-SCOPEはIVIに準拠しているため、1レコードあたりの時間を一定値に保とうとします。
 

したがって、24 MS/sで1000サンプルを指定した場合、合計レコード時間は0.0416 msです。デジタイザが正確に24 MS/sでサンプリングできない場合は、指定したサンプリングレートを最も近いサンプリングレート、たとえば25 MS/sに強制的に変換します。これが、実際のサンプリングレートになります。IVIでは、1レコードあたりの時間を一定に保つ必要があると定義されているので、NI-SCOPEは新しいレコード長を計算して 0.0416 ms × 25 MS/s、つまり1042サンプルにします。

追加情報

詳細については、NI-SCOPEドライバとともにインストールされるNI High-Speed Digitizers Helpを参照してください。
このドキュメントは、下記に保存されています。

C:\Users\Public\Documents\National Instruments\NI-SCOPE\Documentation

この記事はお役に立ちましたか?

いいえ