Skyline RabbitMQが原因でNIパッケージマネージャによるインストールが失敗する

更新しました Nov 3, 2020

使用製品

ソフトウェア

  • SystemLink Server
  • LabVIEW NXG Web Module
  • FlexLogger 2018 R3
  • FlexLogger
  • LabVIEW NXG

問題

SystemLink、FlexLogger、LabVIEW NXG、またはLabVIEW NXG Webモジュールをインストールしようとすると、NI SkylineRabbitMQについて次のエラーが発生します。どうすればこれを回避できますか?

解決策

このエラーは通常、次の手順で解決できます。

1. NIパッケージマネージャーに移動し、NIパッケージマネージャーの右上隅にある歯車を選択してアクセスできるメニュー内から、完全なバージョン番号と非表示のパッケージを表示オプションにチェックが入っていることを確認します。

2. インストール済みタブに移動し、製品のみのチェックを外します。
3. 検索バーに「rabbit」と入力します。そのリストに表示されているものをすべてアンインストールします。
4. 検索バーに「erlang」と入力します。そのリストに表示されているものをすべてアンインストールします。
5. Windowsのプログラムの追加と削除メニューに移動し、RabbitMQサーバーとOTPErlangを検索します。これらが存在する場合は、これらも必ずアンインストールしてください。
6. コンピュータを再起動し、SystemLink、FlexLogger、またはLabVIEW NXGWebモジュールのインストールを再度試します。

これで問題が解決しない場合は、アンチウイルスソフトウェアを非アクティブ(無効)にしてみてください。これは、セキュリティソフトウェアがRabbitMQのインストール、またはSystemLink、FlexLogger、またはLabVIEW NXGWebモジュールの他の依存関係をブロックする場合があるためです。

場合によっては、アンインストールをしてもレジストリキーが削除されないことがあり、これによりNIパッケージマネージャーがパッケージのインストールに失敗します。これを解決するには、以下の手順に従います。

1. Regedit.exeを開きます
2. HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Ericsson\Erlang\ErlSrv\1.1\RabbitMQを参照します
3. そのキーを削除します

他のソフトウェアをインストールすると、デフォルトでSystemLink、FlexLogger、およびLabVIEWNXGのインストールが有効になる可能性があることに注意することも重要です。これらのいずれもインストールする必要がない場合は、インストールする前に、NI PackageManagerのソフトウェア選択からチェックを外してください。これにより、エラーの発生を抑えて、システムにインストールする必要のあるソフトウェアのインストールを続行できるようになります。

それでも問題が解決しない場合は、この資料 の手順に従って、システムでMSIログをオンにしてください。次回インストールしようとしてこのエラーで失敗すると、この資料に示されているディレクトリにエラーファイルが生成されます。 NIサポートに連絡 し、NIPMログディレクトリ全体をサービスリクエストに含めます。