エラー -201062: 選択されたラインはバッファ操作をサポートしていません

更新しました Oct 10, 2019

使用製品

Hardware

  • Multifunction I/O Device
  • Digital I/O Device

問題

ハードウェアタイミングのデジタルタスクにPFIラインを使用しようとすると、下記のエラー-201062が発生します。ポート0を使用している場合、このエラーは発生しません。
 

エラーコード-201062が<ファイル名>で発生

考えられる理由:
選択されたラインはバッファ操作をサポートしていません。

バッファ操作をサポートしているラインのみがタスクで使用されているかどうか確認してください。変化検出を使用する場合、タスクを非バッファ型ハードウェアタイミング1ポイントに変更し、これらのラインをサポートする必要があります。

 


 

解決策

ハードウェアタイミングのデジタルタスクにポート0以外を使用しようとすると、このエラーが表示されます。
 

ポート0は、ハードウェアタイミングを利用可能で、デジタル入力または出力をサンプルクロックとして使用できます。他のどのポートもこのハードウェアタイミングのデジタル入出力機能にアクセスできないため、この方法で使用することはできません。

追加情報

ポート0ラインとPFIラインの区別については、NIデバイスの仕様書に記載されています。PXIe-6375の例を以下に示します。








デジタルI/OとPFIの違いについては、Xシリーズユーザーマニュアルの第6章と第8章を参照してください。

この記事はお役に立ちましたか?

いいえ