TestStandで特定のエラーに基づいてステップを再試行する

更新しました Oct 9, 2019

使用製品

Software

  • TestStand

問題

TestStandで特定のエラーコードに基づいてステップを自動的に再試行するにはどうすればよいですか?

解決策

TestStandがすべてのステップと対話する方法を変更する最善策は、さまざまなコールバックを使用する方法です。SequenceFilePostStepRuntimeErrorエンジンコールバックは、TestStandが特定のステップからのエラーを処理する方法にアクセスできるようにするコールバックです。これをプロジェクトシーケンスファイルに追加するには、以下の手順を行います。
 

  1. Edit>>Sequence File Callbacksに移動します。
  2. SequenceFilePostStepRuntimeErrorを選択してAddをクリックし、OKをクリックします。


.seqファイルに追加されると、コールバックは赤色のサブシーケンスとして表示され、このサブシーケンスに追加されるステップは、プロセスモデルを上書きし、TestStandの完全なカスタマイズが可能となります。特定のエラーでステップを再試行する機能は、SequenceFilePostStepRuntimeErrorコールバック内の次のステップを使用するか、添付ファイルをダウンロードすることで作成できます。
 

  1. Ifステートメントを作成して対象となる特定のエラーを除外します。条件は次のようにする必要があります。
     
    Parameters.Step.Result.Error.Code == [INSERT ERROR CODE]

     
  2. デフォルトのダイアログボックスを非表示にするStatement Stepを作成します。Expressionは以下のようにする必要があります。
     
    Parameters.Step.Result.Error.Occurred = False

     
  3. 次のステップをエラーが発生したステップに設定するStatement Stepを作成します。Expressionは以下のようにする必要があります。
     
    RunState.NextStepIndex = RunState.Caller.RunState.StepIndex

この記事はお役に立ちましたか?

いいえ